06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

筌の口温泉 共同浴場

2008年04月26日
まだ雪の残る頃
中途半端に余ったJALのマイルを使って
阿蘇、九重(くじゅう)、別府の温泉巡りに行きました

FI2612320_1E.jpg

熊本空港からレンタカーでまず向かったのは
ガイドブックの写真を見て、ひと目惚れした この温泉

お湯は見事に茶褐色に濁っています
浴槽の底はもちろん、浸かった自分の手すら見えません
湯口から出てくるお湯は無色透明ですが、鉄分が瞬間的に酸化してこの色になります

FI2612320_2E.jpg

上の写真、含有成分が非常に強く
湯船の縁はそれらが付着して、まるで鍾乳石のようになっています
下、流れ落ちたお湯の道筋には堆積物で模様ができています

FI2612320_3E.jpg

お湯は見た目の想像と違って、軽くてさらっとしています
まろみのある感触で、肌に優しく絡んできます^^
体の芯から温まって、入浴後はいつまでもぽっかぽかでした
この日は雪だったのですが、帰りの車内は暖房が要りませんでした

湯船は2.5×5m 程もあり、とても大きく、ゆったりと入れます
今までの共同浴場の中で最高峰のひとつです^^

大分県の西部、1,700m級の山々が連なる九重連山の麓は九重九湯と呼ばれ
数多くの温泉が点在しています。 あっちにもこっちにも異なる温泉街の案内表示があって
関東の感覚では、吃驚するほど温泉だらけです^^
こちらは、承応元年(1625年)に発見された歴史の古い温泉です

FI2612320_4E.jpg

《筌の口温泉 共同浴場》
大分県玖珠郡九重町田野筌の口
営業時間:24時間、 定休日:年中無休、 (水曜:21:00~22:00、土曜:7:00~8:00は清掃で入浴不可)

入湯料:200円
泉質:含ナトリウム・マグネシウム 硫酸塩温泉、 pH:6.6
源泉の温度:48.5℃、浴槽の温度:(推定)41~3℃、 源泉100%(加水・加温なし)、掛け流し

FI2612320_5E.jpg

《筌の口温泉の行き方》
JR久大本線 豊後中村駅から日田バス 牧の戸線(九重登山口線)で21分
筌の口停留所下車徒歩5分
日田バスのHP: http://www.nishitetsu.ne.jp/hitabus/

車の場合は、大分自動車道 九重I.Cから県道40号線を南下して約20分
有名な黒川温泉からは、やまなみハイウェイを北上して約40分

(撮影:2008年2月9日)

日本を巡る | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。