08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

競泳 日本選手権・5日目

2008年04月20日
第84回 日本選手権水泳競技大会 競泳競技
兼 第29回 オリンピック競技大会代表選手選考会

北京オリンピックの代表選手を決める一発勝負
昨日、大会の5日目を観に行きました

各種目の優勝と準優勝者の内
日本水泳連盟が定めた派遣標準記録を決勝で上回った選手がオリンピックに出場します
勝者と敗者の明暗が、残酷なまでにはっきり付くことがスポーツの美学
見ている側も辛くなりますが、スポーツらしい明快さが清々しく好感です

レベルは違いますが、学生時代、小学生の頃から水泳をやっていたので
屋内プール独特のもわっとした生暖かい湿気と、塩素の入り混じった香りを嗅ぐと
昔を思い出して、今だに胃が気持ち悪くなります
この日も、観戦だというのに緊張して何度か吐き気に襲われました

会場の辰巳国際水泳場は
好記録が出やすい高速プールとして世界的に有名です

水温が普段22度と低めに調整されるため水を軽く感じること
水深は1.4~3.0mまでの可動床ですが、競泳時は深めの2.0mに設定されること
水深が深いと底面反射が少ないので水流が起き難いのです
プールサイドとコースロープが波を吸収する形状で水面が荒れ難いこと
水の透明度が高くて先の見通しが利くこと
泳ぎやすい条件がすべて揃っています

この日の水温は真夏の北京を想定して27度と高温
タイムが求められる中で、コンディション的には厳しかったと思います

FI2612318_1E.jpg

上の写真、先頭は北島康介選手
ひとりだけ別次元の泳ぎをしていました
5年前に記録した自身の日本記録を0.58秒更新して優勝し代表権を獲得しました
相変わらず、ここ一番の集中力は凄いですね

FI2612318_2E.jpg

北島選手のフォームは独特で
掻いた手の戻しと、足の蹴り出しが
常識では有り得ない、バラバラのタイミングに見えます
洗練されたイチロー選手のバッティングに相通じるものを感じます

FI2612318_3E.jpg

この日会場全体がほっとした空気でまとまったのが柴田亜衣選手
3枚目の写真、5コース(奥から5人目) スタートでやや出遅れてひやひやしましたが
500mで先頭に立ち、そのまま派遣標準を上回る記録で泳ぎ切りました

FI2612318_4E.jpg

真剣勝負の観戦は疲れます
終わったら、ぐったりしました。。。

FI2612318_5E.jpg

=5日目(4月19日)決勝の結果=
左から優勝、準優勝。 ◎印はオリンピック代表決定。 ( )内は年齢
女子 800m 自由形: ◎柴田亜衣(25)、 -矢野友里江(19)
女子 200m バタフライ: ◎中西悠子(26)、 ◎星奈津美(17)
男子 200m 背泳ぎ: ◎入江陵介(18)、◎中野高(23)
男子 200m 平泳ぎ: ◎北島康介(25)、 ◎末永雄太(22)
大会のHP: http://japan-swim.com/long2008/

(撮影:2008年4月19日)

-----------------------------
COMMENT:
AUTHOR: NAOパンダ
DATE: 04/20/2008 21:24:13
水泳されてたんですか?!思わず気持ちが悪くなったって読んで爆笑しちゃいましたがそれだけ会場の緊張感もあったんだろな~って感じました♪
プールひとつでも 記録が出やすいとかあるんだ~と感心しながら読ませていただきました♪オリンピックでの競泳競技も楽しみになりました(^▼^)v
溺れてるような平泳ぎしか出来ないパンダでした~(笑)


東京を散歩する | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。