08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

台北・3

2008年02月11日
Taipei/台灣

鼎泰豊
(ディンタイフォン)

空港から、チェック・インを済ませるために、いったんホテルに寄った後
迷うことなく、こちらに直行 !
世界的にも有名な小籠包の本店です

FI2612280_1E.jpg

「小籠包」180元(約680円)
皮が驚くほど薄いです
全体がとても柔らかいので、上の結んである部分を、お箸で慎重に抓み上げます
れんげにのせ、針のように細い生姜と一緒にパクリ。。。
ハフハフ、おいひぃ !

中から熱々の、よく味の出たスープが大量に流れ出てきます
猫舌じゃなくて本当に良かった^^

皮の風味はあっさりして優しいお味
お肉は混じり気のない純粋な澄んだ味がします
いくらでも食べられる勢いです

FI2612280_2E.jpg

「菜肉蒸餃」170元(約650円)
野菜入りの蒸し餃子です。 チンゲン菜のみじん切りがたっぷり入っていて
しゃきしゃきの歯応えです

日本にある支店は、がっかりするお味でしたが
やっぱり本店は美味しいのだと分かりました。 全くの別物です
日本のは本店と比較すると、皮が厚くて硬いように思います。 もともとは薄く仕上げて美味しい
皮なので、もったりとして餡との一体感が無くなっているのではないかと感じました

FI2612280_3E.jpg

こちらの美味しい小籠包を食べてみて
上海の 南翔饅頭店(2007年5月04日の記事) も、やっぱり美味しかったと再認識できました

FI2612280_4E.jpg

お店の雰囲気ですが、もっと厳かなのかと勝手に思い込んでいたのですが
意外にもカジュアルな内装で、サービスも気取りがありません
感じの良い店員さんが気持ち良い対応をしてくれます
生姜とお茶のお替りを、どんどん持ってきてくれるのが嬉しいです

他のメニューにも目移りしそうになりますが
渡辺満里奈さんの著書「満里奈の旅ぶくれ―たわわ台湾」(新潮文庫)の中に
このお店は小籠包だけに集中すればOK、と書かれてあったので素直に従いました

《鼎泰豊(本店)》
台北市信義路二段194号
営業時間:10:00~21:00、(土曜、日曜、祝日)9:00~21:00
日本語メニュー:あり、日本語:可
お店のHP: http://www.dintaifung.com.tw/jp/

路線バス 22系統、信義幹線系統 永康街口 停留所 からすぐ
このバスには、MRT淡水線/板南線 台北車站 駅や MRT木柵線 大安駅などから乗車できます
大安駅から歩くと約20分

TWN.gif

(撮影:2007年12月14日)

香港・台灣・中国を巡る | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示
« 台北・4 | HOME | 台北・2 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。