07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

唐招提寺・金堂平成大修理・3(2007年)

2007年11月09日
一昨年(2006年12月26日の記事)、 去年(2006年12月27日の記事) に引き続き
今年も修理現場見学会の招待状を頂戴したので
唐招提寺さんに行ってきました

なんと今年は ! 屋根瓦が葺上がっていました
2年前には垂木さえ組まれていなかったのに感動的な光景です
屋根葺き工事は、この8月末に執り行われた
鴟尾(しび)開眼法要を以って無事終了したそうです

FI2612226_2E.jpg

完成した“天平の甍(いらか)”を軒の高さから間近に見られました
鳥が羽を広げたように雄大で美しい、真新しい屋根です

屋根全体を葺くのに使用された瓦は
1万本の丸瓦と2万9千枚の平瓦です

屋根から降ろした瓦は打撃検査を行ない、再び葺くことが可能かどうか1枚1枚調べたそうです
再用可能と判断されたのは2割ほど。 それらの古瓦は東面にまとめて葺かれました
あとの8割は今回新たに焼かれたそうです
最初の写真は、南面の屋根です

FI2612226_1E.jpg

屋根の四隅には二段構えで鬼瓦が据えられてありました
上の写真は南東隅の鬼瓦で元禄時代の瓦です
ちょっと機関車トーマスが入ってます^^

FI2612226_3E.jpg

この写真は、金堂の創建時に作られた西端の鴟尾
各部に 1200年間風雪に耐えてできた尊い傷みが見られました

FI2612226_4E.jpg

丸瓦には“唐招提律寺”の印があります
下の写真、金堂修理記念の豪華な御朱印帖があったので買ってしまいました

FI2612226_5E.jpg

工事は順調に進行しているようです
間もなく、金堂全体を覆っていたプレハブが解体され
来年の夏には、いよいよ仏様が堂内に戻されるそうです

工事完了は唐招提寺創建1250年にあたる 2009年(平成21年)夏です

(撮影: 2007年11月3日)

関西を巡る | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。