06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ウィーン・3

2007年09月03日
Wien/オーストリア共和国

ウィーン美術史美術館 <2/3>
(KHM: Kunst Historisches Museum)

私が一番好きな画家、ブリューゲル
ここはブリューゲルの作品を世界で最も多く展示していることでも有名な美術館です

FI2612178_1E.jpg

“SAAL X” 「第10の間」
大好きなブリューゲルだけが飾られた部屋

16作品、全部本物なんて、とても信じられない夢のような空間です
しかも絵の前に誰も居ない。ひとり占め !
本当に幸せな時間でした。 感激してちょっと興奮しました。 この部屋だけで2時間居ました

一般的にブリューゲルと呼ばれている画家は実は複数名存在します
ピーテル・ブリューゲル(父) Pieter Bruegel d. Ä. the Elder
同名の長男、ピーテル・ブリューゲル(子) Pieter Bruegel d. J. the Younger
二男 ヤン・ブリューゲル(父) Jan Bruegel d. Ä. the Elder、そしてヤンの同名の息子、などです

私は圧倒的にピーテル(父)が好きです
こうして見比べても、やっぱり良いです

FI2612178_2E.jpg

最初の写真、一番好きな絵のひとつ 「雪の中の狩人」“Jäger im Schnee(Winter)” 1565年
2枚目の写真 「バベルの塔」“Turmbau zu Babel” 1563年

FI2612178_3E.jpg

上の写真の一番左、高校生の時に初めて写真集を見てブリューゲルを好きになったきっかけの絵
「農民の婚宴」“Bauernhochzeit Peasant Wedding” 1568年頃
その右隣は「農民の踊り」“Bauerntanz Peasant Dance” 1568年頃
いずれも、ピーテル(父)の作品

一番右は「ベツレヘムの嬰児虐殺」“Bethlehemitischer Kindermord Infanticide at Bethlehem”
ピーテル(子)の作品です

AUS.gif

(撮影: 2007年8月12日)

オーストリアを巡る | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。