08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ストラスブール・2

2006年08月01日
Strasbourg, Alsace /フランス(アルザス地方)

ノートルダム大聖堂
Cathédrale Notre-Dame

FI2611939_1E.jpg

ストラスブールのシンボル的存在で
街はこの大聖堂を中心に広がっています

滞在中は、この尖塔が街のどこからでも見えて
とっても愛着が湧きました

FI2611939_2E.jpg

この地方の山から切り出した赤色の砂岩で造られていて
パリなどにもある他のノートルダム寺院とは
随分と異なった印象を持つ大聖堂です

1日の中でも時間帯で微妙に印象が変化していきます
私は、夕方、陽が正面から当たって赤茶色が鮮やかに
照らし出された大聖堂が大好きです

FI2611939_3E.jpg

「煙と何とか・・・」で
私は新しい街に行くと、まずは必ずそこの一番高い建物に登り
上から街を見渡すことにしています

塔に登ると、展望室の周囲に古い年号が刻まれた化粧石が埋め込まれていて
この大聖堂の歴史の長さを改めて感じます
この塔が建てられたのは12~15世紀なのだそうです

FI2611939_4E.jpg

ゴシックの教会の多くは正面に2つの尖塔を持つものが多いそうですが
ここの大聖堂は142メートルの尖塔が1本だけ伸びています

FI2611939_5E.jpg

7月14日のフランス革命記念日、いわゆる“パリ祭”の祝日
この塔のてっぺんにも国旗が掲げられました
う~ん、いったい誰がどうやって付けたんだろう??

FRA.gif

(撮影: 2006年7月9、14日)

フランスを巡る | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。