09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ケザコ

2007年07月23日
KEZAKO

京都にあるフルオープン・カウンターのフレンチ・レストラン

以前はクーラン・デルブ(Courant d'herbes)の店名で
同じ祇園の少し離れた場所にお店を構えてありました
その当時から、最も好きなフレンチ・レストランのひとつで
ここでの食事を主目的として京都に行った程です

カウンター形式でお客様とコミュニケーションを、というシェフのステファンさんの強い想いから
1階が厨房、2階が客席という以前の店舗を 2005年春に一旦閉店
それから待つこと1年半、ようやく再開して下さいました

FI2612158_1E.jpg

お料理は変わることなく、ステファンさんの抜群のセンスと
京都の素晴らしい素材が見事に合体した自由な発想のお料理です

最初の写真、フォアグラのテリーヌに奈良漬けを巻いて熟成させた前菜
フォアグラの甘さと奈良漬けのしょっぱさの組み合わせが斬新で
パッション系フルーツのソースと絶妙に合います

FI2612158_2E.jpg

上の写真、生ハムとアスペルジュ・ソバージュ(野生のアスパラ)
シャキシャキの中に少し粘り気のある食感がとても美味しいです

FI2612158_3E.jpg

これは白いんげん豆のスープに
ほたるいかのローストがトッピングされたもの

下は、絶妙なレアに仕上げられた鮭
左側の澄ましバターを付けて頂きます

FI2612158_4E.jpg

最後の写真は、うろこのまま焼いたぐじ(甘鯛)と京野菜
どれも非凡なひと皿ばかりで、とっても美味しいです

FI2612158_5E.jpg

サービスの間合いも素晴らしく、また、カウンター越しに丸見えの厨房の中では
皆さんがとても楽しそうに仕事をされていて雰囲気も最高のお店です
カウンター10席ほどと、こじんまりとした店内は明るく清潔感に溢れていて、とてもくつろげる空間です

ちなみに、クーラン・デルブ時代
チーズをご担当されていた Sさんは無事に第一子をご出産されたそうです☆
残念ながら復帰の予定は未定だそうです

《ケザコ》
京都市東山区祇園町南側570-261、Tel:075-533-6801
営業時間: 11:30~13:30、17:30~21:30(L/O)、定休日:水曜日(祝日の場合は営業)
阪急電車 河原町駅から徒歩15分、京阪電車 四条駅からは徒歩12分
祇園の中心、花見小路を下り突き当りを左折。 東山安井の交差点の手前左手にあります

(撮影:2007年5月19日)

京都を巡る | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。