10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

皇居東御苑

2009年11月30日
皇居のお濠の内側に
一般市民が立ち入れる事をご存知ですか?

☆東御苑_6963a

実は、皇居の東側の一部は一般開放されています。 しかも無料 !
それが「皇居東御苑」です

☆東御苑_6945a

広い芝生の向こうには、丸ビルや警視庁などの建物が見えて
まるでセントラル・パークのシープ・メドウのようです
のんびりと寝転がっていると・・・
とても静かなので、東京のど真ん中に居ることを忘れてしまいます

☆東御苑_6946a

上の写真は、江戸城本丸跡
本丸だけでも復元されたら、どんなに素敵だろう、と思います

☆東御苑_6961a

大きな石を何段にも積み上げた石垣と
左右に枝を広く伸ばした立派な松が印象的です
やっぱり、江戸城は大きい !

《皇居東御苑》
公開時間:9:00~16:30、(4月15日~8月末)~17:00、(11月~2月末)~16:00、 入場無料
宮内庁・東御苑のHP: http://www.kunaicho.go.jp/event/higashigyoen/higashigyoen.html
入口は3箇所あります、括弧内は最寄駅
大手門(大手町駅)、 平川門(竹橋駅)、 北桔橋門(九段下駅)

(撮影:2009年10月27日)

スポンサーサイト
東京を散歩する | コメント(0)

三の丸尚蔵館

2009年11月29日
休暇を取得していた、先月の、とある火曜日
ぽっかりと空き時間ができたので、上野の国立博物館に、同行者とふらっと出掛けました
お目当ては“皇室の名宝”展

☆三の丸尚蔵館_7159a

平日なので、ゆったりと鑑賞できると期待して行ったのですが・・・
無秩序に突進してくるご年輩方の迫力の凄さには本当に参りました^^;
展示物に群がるテンションの高さは週末以上の勢いで
そそくさと一回りだけして、さっさと退散致しました

展示されていた80作品中75点は
「三の丸尚蔵館」に所蔵されている作品でした

☆三の丸尚蔵館_6938a

三の丸尚蔵館は、皇居東御苑(2009年11月30日の記事)内にある宮内庁が管理する博物館です
スペースは狭いので、一度に沢山の作品が展示されることはありませんが
こちらでは平和にゆったりと鑑賞することができます^^

“皇室の名宝”展のHP: http://www.bihana.jp/
開催は本日29日(日)迄です (於:上野・国立博物館)
見逃した場合は、こちらにどうぞ

☆三の丸尚蔵館_6937b

《三の丸尚蔵館》
宮内庁のHP: http://www.kunaicho.go.jp/event/sannomaru/sannomaru.html
東京メトロ 千代田線 大手町駅 C10出口から徒歩約4分
皇居東御苑、大手門を入ってすぐ。 皇居東御苑、三の丸尚蔵館ともに入場無料

(撮影:2009年10月27日)

東京を散歩する | コメント(0)

日の出うどん

2009年11月28日
永観堂(禅林寺) (2009年11月26日の記事) さんの近くにある
カレーうどんが評判のお店です

京都の方はカレーうどんが大好きなようですね
カレーうどんが名物のお店や専門店まで、よく見かけます

☆日の出うどん_1375a

上の写真は、「特カレーーうどん」と「かやくごはん(小)」
“特”には、刻まれたお揚げ、牛肉、九条葱が入っています

うどん屋さんならではの、お出汁で溶いたルーで、ややとろみが強くあります
牛肉の旨みと九条葱の甘さ、しっとりとなったぶ厚いお揚げさんが程よくカレーと調和して
なかなかの美味しさです^^

☆日の出うどん_1376a

こちらは、「あげきざみうどん」、「親子丼(小)」
東京のスカスカの油揚げとは違って、厚揚げを薄くしたかのような
生地がしっかりとして、ちゃんと豆腐の味がする、肉厚なお揚げさんで、とても美味しいです

うどんは京都風の、少し細くて柔らかい麺です
スープは昆布、鰹などのお出汁がしっかりと効いた関西の標準的なお味です
同行者も私も、「あげきざみうどん」の方が好み、ということで意見が一致しました

親子丼は玉子全体に絶妙に火が通ったふわふわ系です
ミニサイズが用意されている点が嬉しいです^^

☆日の出うどん_1374a

《日の出うどん》
京都市左京区南禅寺町北ノ坊町36、 永観堂北入る東側、 Tel: 075-751-9251
営業時間: 11:00~18:00、 (祝日)11:00~17:00、 定休日:日曜日
永観堂(禅林寺)から徒歩約2分
地下鉄東西線 蹴上駅から徒歩約17分

(撮影:2006年10月28日)

京都を巡る | コメント(0)

永観堂・禅林寺

2009年11月26日
平安時代の貞観5年(863年)
空海のお弟子さんが開いた歴史ある寺院で
紅葉の名所としても有名です

☆永観堂_1380a

永観堂の名で親しまれていますが
正式名称は、「無量寿院 禅林寺」と云うそうです
緑と池に囲まれた自然豊かな広いお庭が印象的なお寺さんです

☆永観堂_1389a

ご本尊は“みかえり阿弥陀” 如来様
首を左にかしげて振り向いていらっしゃる珍しいお姿の立像です
ご朱印にも“顧阿弥陀如来”と書かれます

☆永観堂_1387a

上の写真は、そのご本尊が祀られている阿弥陀堂の奥にある「臥龍廊」
山の傾斜に沿うように曲がって延びる珍しい階段状の廊下です
まるで龍の体内を歩くようなので、こう呼ばれているそうです
趣のある素敵な廊下です

☆永観堂_1503a

11月30日(月)までは夜間も特別公開されています

《永観堂・禅林寺》
左京区永観堂町48、 Tel: 075-761-0007
拝観時間: 9:00~16:00、 ライトアップ(夜間特別公開):17:30~21:00
寺院のHP: http://www.eikando.or.jp/
地下鉄東西線 蹴上駅から徒歩15分

(撮影:2006年10月28日)

京都を巡る | コメント(0)

安楽寺

2009年11月24日
☆安楽寺_3345a

人気の高い哲学の道から
疎水に架かる小さな橋を渡り
一本山寄りに入った裏路地に、ひっそりと佇むお寺さんです

☆安楽寺_3342b

哲学の道の喧騒が嘘のように
人影はまばらで、周囲はとても静かです

☆安楽寺_3341b

普段はほとんど拝観を受け付けてい寺院さんですが
春のお花と、秋の紅葉の時期には、毎週末に特別公開されています

☆安楽寺_3336a

鎌倉時代に法然上人のお弟子さんが開いた寺院です

☆安楽寺_3367a

ご朱印には “法然上人” と書かれます
デザイン性が高い素敵なご朱印で、お気に入りのひとつです

☆安楽寺_0192b

これは、最初の写真と同じ場所から撮った5月の風景
新緑に包まれた安楽寺も素敵です

《安楽寺》
京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町21、 Tel: 075-771-5360、 拝観時間: 9:30~16:30
秋の特別公開は、11月と12月上旬までの週末です
寺院のHP: http://anrakuji-kyoto.com/

市バス203、204、32系統など 真如堂前 バス停から徒歩約10分
南禅寺 (2009年11月23日の記事) からは哲学の道を歩いて約20分

(撮影:2003年5月25日/2007年12月1日)

京都を巡る | コメント(0)

南禅寺

2009年11月23日
東山の深い自然に囲まれて佇む
好きなお寺さんのひとつ

☆南禅寺_3308a

観光客が絶えることのない人気の寺院ですが
境内が広いせいか、どことなく落ち着いた雰囲気が漂います

☆南禅寺_3306a

江戸時代の寛永5年(1628年)に作られた風格ある“三門”
上は 12月の紅葉、 下は 10月、まだ緑が残る頃の写真です
どの季節の三門も美しくて癒されます

☆南禅寺_1371a

南禅寺さんが創建されたのは鎌倉時代の正応4年(1291年)
禅宗に三つある宗旨、臨済宗、曹洞宗、黄檗宗
その臨済宗の大本山です

☆南禅寺_1373a

今年の京都の紅葉は、どうなんでしょうね
京都市観光協会のHPには、各寺院の紅葉の色付き具合が案内されてありました
http://kaiwai.city.kyoto.jp/raku/modules/information_ja/index.php/momiji.html

☆南禅寺_0542a

《南禅寺》
京都市左京区南禅寺福地町、 Tel: 075-771-0365
拝観時間: 8:40~17:00、 (12~2月)8:40~16:30
寺院のHP: http://www.nanzen.com/

地下鉄東西線 蹴上駅から徒歩5分
下り坂の途中にある「ねじりまんぽ」と呼ばれる隧道を抜けると近道です

(撮影:2006年10月28日/2007年12月1日)

京都を巡る | コメント(0)

U20 世界ラグビー選手権

2009年11月21日
Junior World Championship 2009, Japan

今年は、ラグビー・ファンには嬉しいイベントが日本で開催されました
もうひとつが20歳以下の選手によるラグビーの世界選手権です

☆JrW-cup_6150a

IRB(国際ラグビー評議会)が開催する世界大会としては
“ワールドカップ”、 “ワールドカップ・セブンズ” に続く大きな大会で
今年の6月、東京、大阪、名古屋、福岡、佐賀の5都市で行なわれました

TVでしか観た事のない有名なジャージに袖を通した選手達が
試合を行なう様子は、なかなかの感動ものです
観客席には自国から応援に駆け付けた方も大勢いて
国際大会ならではの華やかで楽しい雰囲気がありました^^

20歳以下とは思えない大きい身体の選手ばかりで迫力満点でした
ちょっと荒削りなプレーもありましたが
日本のトップリーグよりも遥かに質の高い、素晴らしい熱戦の数々でした
なにより、2年後のワールドカップ出場を目指す若い世代の
ひたむきなプレーには、思わず惹き込まれてしまいました

平日の開催が多かったにも関わらず、お客さんも沢山入りました
前回のウェールズ大会の倍近く、10万人以上もの動員数があったそうです
ファンの嗅覚は鋭いです。 面白い試合にはちゃんと大勢が集まります

☆JrW-cup_6059a

予選プールB組・第2戦 /6月9日(火)
イングランド代表 30 – 7 スコットランド代表

☆JrW-cup_6144a

順位決定戦・1回戦 /6月17日(水)
ニュージーランド代表 31 – 17 オーストラリア代表

☆JrW-cup_6154a

決勝戦 /6月21日(日)
ニュージーランド代表 44 - 28 イングランド代表
大会はニュージーランド代表が5年ぶり7度目の優勝を果たしました

日本代表は予選プールB組で、イングランド、サモア、スコットランドに全敗
順位決定戦でもイタリアに敗れて、参加16チーム中15位という残念な成績でした
世界ランキングが16位なので、まぁ順当と云えばそうなんですが・・・

大会のHP: http://www.jwc2009.jp/

東京を散歩する | コメント(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。