09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

祇園きたざと

2009年10月30日
風情ある石畳と昔の街並みが残る祇園、花見小路

花見小路界隈にも
ミシュランガイドに掲載されるような料理屋さんばかりではなく
気軽に、お酒と美味しいお料理を愉しむことができる“居酒屋”さんがあります

20091026_03710.jpg

こちらは、料亭並のレベルの高いお料理で人気のお店です
町屋を改装した店内は清潔感に溢れ、ゆったりとしていて居心地も抜群です

☆祇園きたざと_1420a

いきなり、最初に「お刺身の盛り合わせ」を頂いたり
鉄板で自分で焼くステーキがメニューにあったり、と
会席コースのルールや枠組みが取り払われ
自由に献立を設えることができるという点で、確かに、こちらは居酒屋さんです

☆祇園きたざと_1418b

味は居酒屋の域を遥かに超えています
中でも、この日のスペシャルは、上の写真 「いちぢくの田楽」 でした^^
甘酸っぱくて吃驚の美味しさ !

20091026_01906.jpg

お店を出たら、暗い石畳の路地で楽しそうに踊ってるヨーロッパ人のカップルが居ました
祇園で楽しいお夕食ができたんだろうな^^
こっちまで嬉しい気持ちになりました

☆祇園きたざと_1422a

《祇園きたざと》
京都市東山区祇園町南側570-120、 Tel:075-561-0150
営業時間: 17:00~23:00、 定休日:火曜日

京阪電車 祇園四条駅から徒歩約5分
阪急電車 河原町駅からは徒歩約8分
ミシュランガイドで星をひとつ獲得された「川上」 (2009年10月26日の記事) さんの並びです
人気店なので予約がお勧めです

(撮影:2006年10月28日)

スポンサーサイト
京都を巡る | コメント(0)

招福楼の“鰻山椒煮”

2009年10月28日
ミシュランガイドで見事に ☆☆ を獲得された「桜田」 (2009年10月2日の記事
「桜田」のご主人が 21年間修行を積まれたお店が「招福楼」です
滋賀県東近江市にある日本料理屋さんです

☆招福楼・鰻山椒煮_6924a

鰻の山椒煮は、その招福楼さんの名物料理のひとつ
鰻の白焼きを、醤油とお酒と実山椒だけで煮込んだお料理です

しっかりと濃い味が付いているのに、関西ならではの上品な味わいです
鰻の香ばしさと実山椒のぴりっとくる刺激が絶妙にバランスされていて
さすがの美味しさです^^

見た目は佃煮に似ていますが
砂糖が使われていないので、甘さはありません

2,3片ご飯にのせてお茶漬けにすると、また最高です
美味しいお出汁がお茶に溶け出し、実山椒の香りが、ふわ~っと立ちます
鰻の味がぼやけることはなくて、却って鰻自体の旨みが際立つようです

☆招福楼・鰻山椒煮_6923a

お店のHPからお取り寄せも可能ですが
東京では、新宿・伊勢丹の地下、食品フロアで手に入れることができます
伊勢丹では、通販よりも少量から購入出来ます

丸ビルにある支店は、ミシュランガイド東京版で
星をひとつ獲得しています

《招福楼》
お店のHP: http://www.shofukuro.jp/ 

関西を巡る | コメント(0)

川上・2

2009年10月26日
ミシュランガイドの結果は釈然としませんが
嬉しかったのは、こちらのお店が星を獲得したこと !
質素な佇まいでミシュラン趣味では無いので、半ば諦めていました

今月の初めに、久しぶりに伺ったので (前回の記事
☆獲得のお祝いの気持ちを込めて、再び書こうと思います

デザートまで含めて11皿の中から
印象に残ったお料理を6つ

☆川上_6597a

まず、ひと皿目、わたり蟹と春菊の煮浸し
なんとも上品で美味しいお味です

☆川上_6600a

いくら、栗、銀杏、小魚の煮もの、などが盛合わさった先付
京都のお店ならではの美しさです

☆川上_6604a

はもと松茸の土瓶蒸し、鯛と鰹のお刺身、と続いて
5皿目「あんかけのお椀」
真ん中は蕪、その周りにゴロゴロっとある白いキューブ状のものはホタテの貝柱です
肉厚な貝柱の濃厚な甘みと、その旨みをたっぷり吸った蕪の美味しいこと
菊の花を散らして、葛あんでまとめてあります
個人的には、この日一番の絶品 !

☆川上_6609a

甘鯛の焼き物を挟んで
7皿目「あわびの煮物」
手前の黄色と黒のロール状のものは肝です。 絶品^^

☆川上_6612a

はもと松茸の天ぷら
驚くほどジューシーな松茸で、香り豊かなエキスが口の中に溢れ出してきます

☆川上_6615a

穴子と牡蠣の酢の物で、口をさっぱりとさせた後に
最後は、松茸ご飯、生麩と茗荷の赤だしです
松茸を敢えて細く裂くことで香りが立ち、また、ご飯とのまとまりも良くなります
お勧めに素直に従って、お代わりしちゃいました^^

水果は、パパイヤと葡萄、グレープフルーツ
相変わらず、どれも素晴らしく美味しいお料理でした

☆川上_6599a

ミシュランガイドに載ると、当日キャンセルを平気でするなどの質の悪い客が増えると聞きますが
これからも頑張って欲しいです

《川上》
京都市東山区祇園町南側570-122、Tel:075-561-2420
営業時間:12:00~14:00、17:00~21:00、 定休日:不定休

(撮影:2009年10月3日)

京都を巡る | コメント(0)

京都 ミシュランガイド 予想結果

2009年10月23日
2年前、東京版が初めて出版された時もそうでしたが
なんとなく釈然としない結果です

☆ミシュラン京都_6920a

「大市」、「八起庵」、「三嶋亭」など
お鍋がメイン料理のお店が対象から外された事はとっても残念です
お鍋も、立派な“ハレ”の日のご馳走だと思うのですが・・・

☆☆☆に予想した「木乃婦”」は掲載を拒否した内の一軒だったのでしょうか。。。
「KEZAKO」の該当漏れも意外でした

「和久傳」に関しては、「高台寺」は豪華な料亭なのでミシュラン好みなのは順当としても
「室町」が星を獲得できて、「紫野」が星無しというのは、やっぱり釈然としないなぁ

《予想が当たったお店》
☆☆☆ 瓢亭・本店   (予想は ☆☆☆ or ☆☆)
☆☆   桜田       (予想は ☆☆ or ☆)
    川上      (予想は ☆☆ or ☆)

この実力とのバランスを考えると
今年の東京版では星を失う日本料理屋さんがたくさん出るような予感がします

京都を巡る | コメント(0)

京都 ミシュランガイド予想

2009年10月12日
いよいよ今週、ミシュランガイドの京都・大阪版が出版されます

今までにBlogで書いた京都のお店の中から
星の予想をして、ちょっとお遊び

☆ミシュラン京都_6656a

ガイドブックの前書きには
「店の雰囲気、サービス、快適さは、星の判断基準には含まれていません」 と書いてありますが
過去の東京版を見る限りでは、にわかに信じ難い傾向を感じます
そんなミシュランの趣向をも多いに考慮しました

自分にとっては、どのお店も三ツ星です^^

☆☆☆
京料理 木乃婦” (2009年9月29日の記事
大市        (2008年1月24日の記事

☆☆☆ or ☆☆
ケザコ/KEZAKO (2007年7月23日の記事
瓢亭・本店     (2009年10月12日の記事

☆☆ or ☆
川上        (2007年4月28日の記事
桜田        (2009年10月2日の記事
紫野和久傳    (2009年10月6日の記事
祇園おくむら   (2009年10月11日の記事

☆ or 無
八起庵       (2008年1月28日の記事
はふう        (2009年10月13日の記事
三嶋亭       (2009年10月10日の記事
奥丹         (2009年10月8日の記事


うお嘉          (2007年4月22日の記事
京料理 あと村・本店 (2009年10月1日の記事

予約が全然取れない「草喰なかひがし」、「祇園さ々木」 の結果も気になるところです・・・

京都を巡る | コメント(0)

はふう

2009年10月11日
和牛ならではの美味しさと
お値打ちの価格が評判のお店

広々として居心地の良い木のカウンターに16席
カウンター越しには、お肉を焼く厨房の様子がよく見えます
お肉はコークスで熱せられたグリル板で、余分な脂を下に落としながら焼かれます

☆はふう_6659a

口に入れると周りの香ばしさが、まずあって
その後で、じゅわっ~と肉汁の旨みが口一杯にやってきます
ちゃんと火の通ったレアならではの肉の甘みです^^
サシが多いにも係わらず、くどさがまったくありません
写真は、「サーロイン」150g、3,990円

目の前のカウンターに埋め込まれた“鉄板”で焼いて見せるような
ひと昔前に在りがちだった、余計な演出などは一切ありません
本質にこだわった、今に通じるお店です

☆はふう_6660a

これは、同行者が注文したハンバーグの取り分け^^
生涯 My Best なハンバーグに出会ってしまいました !!!
肉の旨さがピカイチなのは無論、口の中でほろほろとほぐれる柔らかさ加減も絶妙です
そして・・・、デミグラスソースがとびきりの絶品です !!

このソースの美味しさから想像するに、「ハヤシライス」の評判が高いことが頷けます
次回は是非、ハヤシライスを食べてみよう ! と思いました^^

☆はふう_6658a

オーナーのご実家が肉の卸業をしているということで、この値段が実現しています
お肉は銘柄には拘らず、その時々で良いものを仕入れるそうです

☆はふう_6657a

《はふう・本店》
京都市中京区麩屋町通夷川上ル笹屋町471-1、 Tel: 075-257-1581
営業時間: 11:30~13:30、17:30~21:30、 定休日:水曜日(祝日の場合は営業)
お店のHP: http://www.hafuu.com/
地下鉄東西線 京都市役所前駅 から徒歩5分
繁華街から離れた静かな住宅街にひっそりとあります

(撮影:2009年10月4日)

京都を巡る | コメント(0)

瓢亭・本店 別館

2009年10月10日
約400年前、南禅寺参道の門前茶屋としてオープンしたのが始まり
料亭としての開業は江戸時代の天保8年(1837年)
京都でも指折りの老舗です

お昼ご飯に、別館で“松花堂弁当”を頂きました
バラエティ豊かなお料理が、彩りも美しく並びます^^

☆瓢亭_6648a

左上は名物の“瓢亭玉子”
庭先で飼っていた鶏の卵を茹でて出したのが評判になり
料亭となって以来ずっと、すべての料理に付けられているという看板料理です
程よい半熟で柔らかく、美味しいですが・・・
けっこう普通のゆで卵でした^^

右上は、もうひとつの名物、鯛
こちらでは、お刺身は一年中、明石の鯛だけを使います
左下は、ゆりね、海老、キクラゲのゼリー寄せ

左手前、お重とは別の器で出された、松茸と春菊と菊の花の酢の物が絶品でした
どうやったら、こんなに美味しくできるのだろう !??

☆瓢亭_6650a

さらに、炊き込みご飯と汁椀が付きます
この日は、生麩の茶碗蒸しでした。 生姜の風味で素晴らしく美味しい !
ご飯は、さつまいもと蓮根のご飯
お腹いっぱい^^

☆瓢亭_6647a

《瓢亭・本店》
京都市左京区南禅寺草川町35、 Tel: 075-771-4116
営業時間: 11:00~19:30、 松花堂弁当は 12:00~16:00、 定休日:第2・4火曜日
お店のHP: http://hyotei.co.jp/

☆瓢亭_6645a

地下鉄東西線 蹴上駅 から徒歩約5分
上の写真、南禅寺門前の素敵な道を進むと辿り着きます
写真の左の建物がお店です

(撮影:2009年10月4日)

京都を巡る | コメント(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。