02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

新装・神宮球場

2008年03月31日
いよいよセ・リーグも開幕して本格的に球春到来です
このオフに大改装を行なった神宮球場に行ってきました

FI2612309_1E.jpg

まず驚いたのはスコアボード
全画面フルカラーになりました
特大サイズの映像、その美しさにびっくりです

FI2612309_2E.jpg

フィールドも広がりました
外野の座席を一部削って、両翼が91メートルから101メートルに拡張されました
打球が外野手の間を抜けた時の興奮が格段に増して、面白いです^^
昔の画像(2006年12月05日の記事) と比べて・・・
ちょっと分かり難いですね

人工芝も毛足の長い新しいものに張替えられました
ふさふさした感じがスタンドからでも、よく分かります

そして !
昨シーズン最下位だったヤクルト自身も変わりました !!
下の写真は、球場の柱に貼られていた開幕戦のポスター
Small が Big を3日連続で凌駕しました^^

FI2612309_3E.jpg

週末の巨人戦とは思えない程、空席の目立つスタンドでした
開幕シリーズにも関わらず、3日とも観客数は2万人台だったようです

=試合結果(第3戦)=
東京ヤクルトスワローズ 10 - 2 読売ジャイアンツ
(神宮球場)

(撮影:2008年3月30日)

スポンサーサイト
東京を散歩する | コメント(0) | トラックバック(0)

2008 MLB開幕戦~松坂大輔投手

2008年03月29日
第1戦で先発した松坂大輔投手
遠目にも華があります

FI2612308_1E.jpg

本物のメジャー・リーガーの迫力を目の当たりにすると
これだけの選手達の中で活躍している凄さを改めて感じます

日本人選手がメジャー・リーグの開幕投手を務めたのは
2004年の野茂英雄投手(当時、ロサンゼルス・ドジャース)以来2人目の快挙です

FI2612308_2E.jpg

この日は5回を2安打2失点という結果でした

マウンドを降りた後
4番、マニー・ラミレス(Manny Ramirez)選手のヒットなどで逆転し
一旦は勝利投手の権利が舞い込んで来ましたが
リリーフ投手が打たれて再逆転され、勝敗は付きませんでした

FI2612308_3E.jpg

この写真は、WBCで優勝し、MVPを獲得した約2ヵ月後
西武ライオンズ(当時)時代の松坂投手です
巨人との交流戦で、同じ東京ドームのマウンドに上がった時のもの

振りがぶった姿だけで「松坂」と特定できる美しいフォームです
そう云えば、この時のピッチングも余り冴えず、負け投手でした・・・

(撮影:2008年3月25日/2006年6月2日)

東京を散歩する | コメント(0) | トラックバック(0)

2008 MLB開幕・第2戦

2008年03月28日
Boston Red Sox vs Oakland Athletics

FI2612307_1E.jpg

レッドソックスは昨シーズン20勝を挙げたエース、ジョシュ・ベケット(Josh Beckett)投手が
アスレチックスは中軸打者のエリク・チャベス(Eric Chavez)三塁手が
二人とも腰痛のために本国に残って調整となりましたが
その他のレギュラー陣は全員が来日 !
両チームとも現時点のベストメンバーで臨んでくれました

特にレッドソックスは
昨年のワールドシリーズを制した時の先発メンバーが全員揃っています

FI2612307_2E.jpg

上の写真、マニー・ラミレス(Manny Ramirez)外野手

FI2612307_3E.jpg

この写真は、指名打者のデービッド・オルティス(David Ortiz)選手
レッドソックスの両大砲です

FI2612307_4E.jpg

背中は昨年のワールドシリーズでMVPを獲得したマイク・ローウェル(Mike Lowell)三塁手

試合は第1戦と比べ、やや低調で
8回には、やけ気味のウェーブが客席を3周ほどしました

=試合結果=
Boston Red Sox 1 - 5 Oakland Athletics
(東京ドーム)

(撮影:2008年3月26日)

東京を散歩する | コメント(0) | トラックバック(0)

2008 MLB開幕・第1戦

2008年03月26日
Boston Red Sox vs Oakland Athletics

メジャー・リーグの開幕戦
前年王者のボストン・レッドソックスと
オークランド・アスレチックスの試合を観に行ってきました

松坂大輔投手の凱旋先発で始まり
絶対的守護神、ジョナサン・パペルボン(Jonathan Papelbon)投手が最後を〆る
4番、マニー・ラミレス(Manny Ramirez)選手の二度の勝ち越し打
初戦からオールスターが全員活躍で魅せられました^^

FI2612306_1E.jpg

しかし、この日の主役は何と言っても、岡島秀樹投手
9回のマウンドに上がるとき、球場全体から割れんばかりの拍手が沸きあがりました
投球とともに光る無数のフラッシュも、この日最多 !
勝利投手にまでなる、おまけ付きでした。 良かった^^

FI2612306_2E.jpg

上の写真、カタカナが並ぶバックスクリーン中に
「岡島」の漢字が輝きます

FI2612306_3E.jpg

松坂投手は、初回、ホームラン1発と 3連続四死球からの失点
悪いパターンの立ち上がりでしたが、3回以降はフォームに躍動感も戻って見事なピッチングでした

東京でメジャー・リーグの試合を観るのは2回目ですが
“音”が良いですね
ボールをキャッチした時に、ミットが放つ「ビシッ」という音
バットの、芯を捕らえたり、詰まったりした、それぞれの打球音
ついついゲームにのめり込み、集中します

FI2612306_4E.jpg

この写真は、オープニング・セレモニー
阿波踊りと秋田竿灯祭りの共演
なぜ・・・(笑)?

=試合結果=
Boston Red Sox 6 - 5 Oakland Athletics (延長10回)
(東京ドーム)

(撮影:2008年3月25日)

東京を散歩する | コメント(0) | トラックバック(0)

恵比寿 京鼎樓・本店

2008年03月25日
台北に本店がある人気の小籠包専門店
京鼎小館(ジンディン・シャオグァン)の姉妹店です

京鼎小館のご主人の末の弟さんが店長をなさっています

FI2612305_1E.jpg

小籠包
皮は薄めでもっちり。 具材の旨みもしっかりして美味しいです^^
六本木の 南翔饅頭店(2007年5月04日の記事) と並んで
東京にある小籠包の“支店”の中で、好きなタイプのお味です

FI2612305_2E.jpg

海鮮あんかけ五目チャーハン

恵比寿に勤務している方から、お勧めですよ、と聞いていたので注文してみました
たしかに美味しい ! チャーハンと牡蠣油の間違いない組み合わせ^^
量は多くて、ひとりでは食べきれません

FI2612305_3E.jpg

《恵比寿 京鼎樓(じんでぃんろう)・本店》
渋谷区恵比寿4-3-1、Tel: 5795-2255
営業時間:11:30~15:00、17:30~24:00、(日曜、祝日)11:30~15:30、17:30~23:00
定休日:年中無休、 お店のHP: http://jin-din-rou.com/

JR山手線 恵比寿駅東口から徒歩1分
東京メトロ日比谷線 恵比寿駅からは徒歩2分

(撮影:2007年11月24日)

東京を散歩する | コメント(0) | トラックバック(0)

麗郷

2008年03月23日
本場の味に近い台湾料理の老舗店

FI2612304_1E.jpg

こちらの一番の名物「腸詰」
ちょっと癖のある本場の風味がして、ビールが進みます

FI2612304_2E.jpg

もうひとつの名物メニュー、お気に入りの「蜆(しじみ)」
にんにくの風味がしっかり効いて、やっぱりビールが進みます^^

しじみのお椀が出てきた時・・・
TPOを考えて、泣く泣く身を食べるのを諦めて残念な想いをしたことはありませんか ? 
私は何度かあります

でも、このお料理なら大丈夫 !
なんせ、しじみが主役なので、堂々と全部食べることができます
しじみの小さい身を、ひとつひとつ丁寧に食べていると
何だか気持ちも、しみじみしてきます

FI2612304_3E.jpg

この写真は「中華粥」
点々と見えるのは貝柱、干し海老、椎茸などです
大きな丼でたっぷりと出てきますが
良いお出汁の効いたあっさり味でペロリと食べられます

FI2612304_4E.jpg

《麗郷・渋谷店》
渋谷区道玄坂2-25-18、Tel:3461-4220
営業時間:12:00~14:00、17:00~24:00、(土曜、日曜、祝日)12:00~24:00、 定休日:年中無休
井の頭線 渋谷駅西口から徒歩約2分
道玄坂と文化村通りを結ぶ路地、道玄坂小路にあります

(撮影:2008年2月29日)

井の頭線界隈を散歩する | コメント(0) | トラックバック(0)

台灣物産館で雪花氷

2008年03月22日
台湾のオリジナルスイーツ
雪花氷(シェーファーピン)

果汁などを溶かしこんだシャーベット状の氷を薄く削って作る、かき氷です

最近、これを食べられるお店が、東京で急速に増えています
お膝下の台灣物産館イートイン・コーナーでも頂くことができます

FI2612303_1E.jpg

ひと口食べてみると・・・
まるで、本当に雪を口に含んだかのような、繊細でふんわりとした新しい食感がします
普通のかき氷のように、ツンと尖った冷たさが無くて
綿アメの様にまろやかに口の中で溶けていきます

ベースがシャーベットなので味の濃度に均一感があって、水っぽさを感じません

上の写真、今の季節、こちらで頂けるのは、ミルク味の雪花氷です
純白で、文字通り雪の花びらのようです

FI2612303_2E.jpg

この写真、真ん中の黄色いものが
雪花氷を作る「Charmy」という機械です

夏のお楽しみ^^
マンゴー果汁を使用した雪花氷の開始日は、今のところ、まだ未定とのことでした
去年は6月1日からだったそうですが、マンゴーの入荷状況に因るので
もう暫く経ってから、お店にご確認下さい

FI2612303_3E.jpg

《台灣物産館・笹塚本店》
渋谷区笹塚2-14-15、Tel:5304-7801
営業時間:10:00~20:00、定休日:年中無休
お店のHP: http://www.taiwan-bussankan.com/index.html

京王線 笹塚駅から徒歩2分
駅の北口から甲州街道を渡って左手、甲州街道沿いにあります

(撮影:2008年3月15日)

井の頭線界隈を散歩する | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。