08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

デュルンシュタイン・5

2007年09月29日
Dürnstein/オーストリア共和国

ヴァハウアー・バックシュトゥーベ・シュミードル
Wachauer Backstube Schmidl

FI2612189_1E.jpg

シュトッキンガーホフ(Stockingerhof)(2007年9月23日の記事) で出された
とっても美味しいパンのお店。 町で一番古いパン屋さんです

皮はほどよくパリっと香ばしく、中はしっとりモッチリ
小麦の味と塩加減が良くてとっても美味しいパンです
何個でも食べられるタイプです

ウィーン市内のホテルやレストランへは勿論
東京のオーストリア大使館へも冷凍して送っているそうです
値段は安くて、1個45セント(≒75円)です

FI2612189_2E.jpg

お店のあるハウプト通り(Hauptstraße/中央通り)は
ゆっくりと歩いても5分ほどで、市街地を通り抜けてしまい、閑静な住宅街へと続きます
石塀や花が素敵な雰囲気の町です

この町に出会えたのは今回の旅行の最高の財産でした
とっても気に入って、この町には、いつか住んでみたいと思いました

FI2612189_3E.jpg

せめて1泊だけでもして、観光客の居なくなった夕方や早朝
静けさの中に佇む、この町の空気を感じてみたかったです

ヴァッハウ渓谷に行った際は
是非、途中で下船して、ゆっくりと立ち寄ってみて下さい

FI2612189_4E.jpg

《シュミードル》
Dürnstein 21、営業時間:6:30~12:00、14:00~18:00、(祝日)8:00~11:00,14:00~18:00
定休日:日曜日、12月25,26日、1月1日

AUS.gif

(撮影: 2007年8月9日)

>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
オーストリアを巡る | コメント(2) | トラックバック(0)

デュルンシュタイン・4

2007年09月27日
Dürnstein/オーストリア共和国

FI2612190_1E.jpg

聖堂参事会修道院教会 (Chorherrenstift)
町の中心的な存在、 15世紀に創立されました
水色の塔が特徴的な教会です

FI2612190_2E.jpg

漁師通り(Fischergasse) の坂を上って左
かわいらしい噴水がある中庭を通って教会に入ります

FI2612190_3E.jpg

昔の写真などが飾ってある展示室を抜けて
川側にある塔のテラスに出ると、最後の写真
ドナウ川の素晴らしい眺めが広がります

FI2612190_4E.jpg

《聖堂参事会修道院教会》
入場時間:9:00~18:00、 休館:11~3月
教会のHP: http://stiftduernstein.nmd1.at/

AUS.gif

(撮影: 2007年8月9日)
オーストリアを巡る | コメント(0) | トラックバック(0)

デュルンシュタイン・3

2007年09月26日
Dürnstein/オーストリア共和国

ヴィーザー
Wieser

ヴァッハウ渓谷の名産、マリレ(Marille)
アプリコット、杏です

FI2612192_1E.jpg

ここはアプリコットのジャムで有名なお店です
ジャムの蓋を開けると、アプリコットのフレッシュな甘い香りがします^^
鮮やかで、明るい透明感のある色をしています

FI2612192_2E.jpg

果物そのものを食べているような濃い味わいで
酸味と甘みの調和が素晴らしい、とても美味しいジャムです
日本で売られているものとは風味が全然違います

最初の写真、右から、ジャム、リンゴパイ(の具)、バスソルト、アプリコットの石鹸
ラベルもとても可愛いです
右から 2番目 “Apfelstrudel” とはシナモン風味のリンゴを薄いパイ皮で包んで焼いたお菓子のこと
そのお菓子用のリンゴの瓶詰めです

下の写真は、お店の前から撮った写真
町のメイン・ストリート、ハウプト通り(Hauptstraße)です。 静かです。。。

FI2612192_3E.jpg

ウィーンと云えばケーキも有名ですが
ケーキにアプリコットのジャムが使われるのは、アプリコットが近所で沢山採れるから
という理由もあるな、と、ここへやってきて来て感じました

ちなみに、ウィーン市内にある老舗有名店
ユリウス・マインル(Julius Meinl) には
100%アプリコットのジャムもあって甲乙付けがたい美味しさです

《Wieser》
Dürnstein 39、 営業時間:9:00~18:00、定休日:1~2月
お店のHP: http://www.wieser-online.at/

AUS.gif

(撮影: 2007年8月9日)

オーストリアを巡る | コメント(0) | トラックバック(0)

デュルンシュタイン・2

2007年09月23日
Dürnstein/オーストリア共和国

シュトッキンガーホフ
Stockingerhof

4haもの葡萄畑を所有し
700年前から代々ワイン造りをしているという一家が営むホイリゲ(Heuriger)
昼食はこのお店で頂きました

FI2612191_1E.jpg

ホイリゲとはワイン農家が経営する小さな居酒屋で
新酒のワインとワインに合う家庭料理を出してくれるお店のことです
オーストリア独特のスタイルです

最初の写真、スモーク・ハムの盛合わせ (Variationen aus der Räucherkammer)、6.5ユーロ
ロース、ベーコン、生ハムをスライスして更に燻製したものです
これが美味しかった !

特に真ん中に盛られた生ハムのスモークが絶品でした
豊かな風味の広がり、ジューシーな歯応え
こんなに美味しい生ハムは初めて ! 生涯で最高の生ハムでした

右奥は、アスパラの一種のサラダ Schwarzwurzel Salat、4ユーロ

FI2612191_2E.jpg

ワインはリースリングです
これが吃驚するほどに、とびきりフレッシュで
ちょっと忘れられない美味しさでした

色は緑がかって見えます
しっかりとした味わいがありながら軽やかで爽やか
今までに経験したことの無い風味の最高に美味しいワインです
さすがはホイリゲのワインでした
Landwein Weiß (地ワイン・白) 0.9ユーロ !!

右側のパンも美味しかったです !
この町にあるシュミードル(Schmidl)というお店のパンです

FI2612191_3E.jpg

すぐ隣に広がる葡萄畑を眺めながら
芝生の庭の木のベンチで食事をするのは開放的で最高です

FI2612191_4E.jpg

ここのご家族の高校生くらいのお嬢さんが
少し嫌そうにお店の手伝いをしていた姿が微笑ましくて印象的でした
見事なブロンド美人の彼女が、ドイツ語に一生懸命英語を織り交ぜてメニューの説明をしてくれました
お陰でこんなに美味しいものが食べられました^^ ありがとう !

とびきりお勧めの素晴らしいお店です

FI2612191_5E.jpg

《Stockingerhof 》
Dürnstein 240、 営業時間:16:00~22:00(5,6月)、12:00~22:00(7~10月)
定休日:6月の最終週と7月の第一週、11~4月
お店のHP: http://www.stockingerhof.com/deutsch/index.php
デュルンシュタイン駅(Dürnstein-Oberloiben)の近く

AUS.gif

(撮影: 2007年8月9日)

>>続きを読む・・・
オーストリアを巡る | コメント(1) | トラックバック(0)

デュルンシュタイン・1

2007年09月21日
Dürnstein/オーストリア共和国

ヴァッハウ渓谷で、最もロマンティックな町と云われる
デュルンシュタイン

FI2612188_1E.jpg

1時間もあれば町全体をくまなく歩けてしまう程小さくて
とても愛らしい町でした

かわいらしい町並みに石畳の道
静かでのんびりとしていますが、寂しい感じはなく
適度な賑わいと、しっとりとした落ち着きがあって
今までに行った小さな町の中でも指折りの素晴らしい町です

船着場のある川沿いの道から
町の中心、ハウプト通り(Hauptstraße/中央通り)へは急な坂道になっています
この坂道や階段が良いアクセントになっていて景観を引き締めます
散歩していても飽きることはありません

FI2612188_2E.jpg

そんな、いくつかの坂道の中で、一番お気に入りになった道
漁師通り(Fischergasse)
城壁をくぐるトンネルを抜け町の中心へと上がっていきます

FI2612188_3E.jpg

上の写真
振り返るとドナウ川の悠然とした流れが見えます

FI2612188_4E.jpg

4枚目の写真
川岸は散歩道になっています
いつまでもボーっとできる景色です

AUS.gif

(撮影: 2007年8月9日)

オーストリアを巡る | コメント(0) | トラックバック(0)

ヴァッハウ渓谷・2

2007年09月20日
Wachau/オーストリア共和国

FI2612187_1E.jpg

船は静かな川を滑るようにゆったりと進んで行きます
川面を吹き抜けてくる涼しい風がとても気持ち良かったです

葡萄畑や小さな村、山の上の古城といった景色が
左右に次々と現れては、ゆっくりと後ろに流れて行きます

FI2612187_2E.jpg

メルク(Melk)を出航して1時間ちょっと
4枚目の写真、この日の最終目的地
デュルンシュタイン(Dürnstein)に到着します

ドナウ川は、この後
ブダペストを経て黒海まで流れて行きます

FI2612187_3E.jpg

メルク(Melk)とクレムス(Krems)の間
ドナウ川の遊覧船は2社が運航しています
乗船料金は同額なので、時間に合わせて利用できます

どちらの会社もユーレイル・パス(Eurailpass)で 20%Off になります
DDSG社: http://www.ddsg-blue-danube.at/
MS Austria社: http://www.ms-austria.at/

FI2612187_4E.jpg

《この日の旅程》
メルク(Melk) .................................. 11:00発
デュルンシュタイン(Dürnstein)..... 12:10着
-------------------------------------------------------------
※DDSG Blue Danube Schiffahrt GmbH

AUS.gif

(撮影: 2007年8月9日)

オーストリアを巡る | コメント(0) | トラックバック(0)

ヴァッハウ渓谷・1

2007年09月17日
Wachau/オーストリア共和国

ドイツの ウルム(Ulm) (2006年9月14日の記事)で出会ってから1年ぶり
ドナウ川と再会しました

FI2612186_1E.jpg

約400km流れてくる間に川幅は3倍ほどにもなって
すっかり“悠久の大河”の貫禄充分の景観へと成長していました

メルク(Melk)(2007年9月11日の記事)からクレムス(Krems)の間、約35kmがヴァッハウ渓谷
「ドナウの最も美しいことろ」とも評されオーストリア・ドナウのハイライトです

FI2612186_2E.jpg

渓谷と言っても日本でイメージするような断崖絶壁ではなくて
なだらかな山々に囲まれています

周囲に緑が多いヴァッハウ渓谷は
“美しき青きドナウ”のイメージそのものです

FI2612186_3E.jpg

上の写真は、途中の小さな村、シュピッツ(Spitz)の船着場です

FI2612186_4E.jpg

ヴァッハウ渓谷は、2000年
世界遺産の文化遺産に登録されています

AUS.gif

(撮影: 2007年8月9日)

>>続きを読む・・・
オーストリアを巡る | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。