06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ストラスブール・1

2006年07月31日
Strasbourg /フランス

7月の8日から16日まで
早目の夏休みでストラスブールに行きました
12年ぶり3回目のフランス

FI2611938_1E.jpg

機内からは小麦なのか、とうもろこしなのか
肥よくな畑が一面に広がっているのがよく見えます
結局パリからストラスブールまで、ずっとこのような景色でした

おととしハンブルグに行った時
フランクフルトからの便で見えた北ドイツの景色が
雄大な森、いわゆる"黒い森"だったのとは違って、農業王国フランスを実感します

FI2611938_2E.jpg

最初の写真は、日本からの便が到着した
パリ、シャルル・ド・ゴール空港 2Fターミナル
国内線はこのお隣 2Dターミナルから出発します
隣といってもTGVの空港駅を挟んで徒歩でたっぷり10分はかかります

下の写真はストラスブール空港
はじめて乗った憧れのエア・フラでした

FI2611938_3E.jpg

ストラスブール空港から市内の中心部までは
シャトル・バスとトラム(路面電車)を乗り継いで行きます
料金は片道で5.1ユーロ
バスは20~30分間隔で運行されます

バス乗り場に設置されている切符の自販機はコインしか使えませんので
空港到着ロビー左手にあるインフォメーション・カウンターの裏手(出発ロビー側)にある
"TABAC" タバコ・ショップで購入すると便利です
お釣で小銭もゲットできて一石二鳥です

バスに乗る際には、運転席脇にある機械に切符を投入して乗車時刻を刻印します
バスの終点バガルゼー(Bagersee)駅でトラムのAラインに乗り換えますが
トラムには、この切符でそのまま乗車できます

《シャトル・バスの案内》
ストラスブール空港のHP: http://www.strasbourg.aeroport.fr/E/index.php
バスの時刻表も載っています

FRA.gif

(撮影: 2006年7月8、15日)

スポンサーサイト
フランスを巡る | コメント(0)

フリゴ

2006年07月29日
新宿にも美味しいドラフト・ビールを
提供してくれるお店があります

FI2611936_1E.jpg

本来はベルギー料理のお店なので
白ビールのヒューガルテン(Hoegaarden)がメニューのトップには載っていますが
ここにはドイツのイェファ(JEVER)の樽生があります

下の写真がJEVER
ハーブの爽やかな独特の味わいがあります

FI2611936_2E.jpg

お店は入り口が分かりにくく
また、入りづらい構えになっていますが
店内は木をふんだんに使った内装と暗めに落とした照明が隠れ家風で
居心地の良い空間になっています

座席はカウンターが多目でテーブル席と半々ほど
事前にチケット(食券)を買うシステムなので
気儘に、お気楽に飲むことができます

FI2611936_3E.jpg

Frigo
渋谷区代々木2-11-20 新宿島津ビルB1, Tel: 03-5371-0666
営業時間: 17:30~翌2:00、日曜は 15:00~23:00、定休日: 第2日曜日

京王新線、都営地下鉄新宿線 新宿駅から徒歩約2分
JR線 新宿駅南口から徒歩約4分
シティ・バンクの斜め向い、甲州街道沿いにあります

>>続きを読む・・・
井の頭線界隈を散歩する | コメント(0)

フランツィスカーナー

2006年07月27日
ドイツの美味しいビールをドラフトで提供してくれるお店が
最近増えたような気がします
幸せなことです

このお店では
樽生のシュパーテン(SPATEN)を飲むことができます

FI2611935_1E.jpg

ホップが放つ、いい香りと華やかな味
味わいは銘柄ごとに異なりますが、どれもそれぞれ美味しいです
大好きです

フレンスブルガー(FLENSBURGER)の独占輸入権は、このお店が持っているので
日本では、ここでしか飲むことができません
前日の リッツェンホフ で、ビール・グラスと一緒に写ってる缶ビールがフレンスブルガーです

奥にテーブル席もありますが
ドイツ流にカウンターで気軽に一杯っていうのが
特にこの暑い季節はお気に入りです

FI2611935_2E.jpg

Franziskaner
神谷町店:港区虎の門5-11-12, Tel: 03-3436-6949
営業時間:11:00~翌4:00、 土・日・祝は11:00~22:30、定休日:年中無休

お茶の水店:千代田区神田駿河台3-1, Tel: 03(5283)6846
営業時間:11:00~14:30, 17:30~23:30 、土曜は17:30~23:30のみ、定休日:日曜・祝日
他にも日本橋や渋谷、新宿、赤坂に支店があるようです。
お店のHP: http://www.zato.co.jp/

東京を散歩する | コメント(0)

リッツェンホフ

2006年07月24日
RITZENHOFF

見た目の綺麗さに惹かれて
衝動買いをしたグラス群

FI2611934_1E.jpg

上はビール専用のグラス
下はミルク用として絵柄は描かれていますが
ジュースや麦茶を飲むのに使っています

このビール用グラス、ドイツ製だけあって機能面でも優れています
これでビールを飲むと違う銘柄かと思うほど、いつもより更に美味くなってびっくりします

このグラスにビールを注ぐと、きめの細かい泡がたくさん立ちます
少し待って泡が適当な量まで減ったら
今度は時間を掛けてゆっくり静かに注ぎ入れます
するとなかなか消えない強い泡が上手に簡単に出来上がります

飲むとき、グラスが顔に近づくとビールの持つ良い香りが
いつもよりたくさん鼻にふわ~と届いてきます

FI2611934_2E.jpg

大きいので取扱いに少し気を遣いますが
お気に入りのグラスです

どこも巡らない | コメント(0)

リンデ

2006年07月20日
ソーセージには、やっぱりビール!
ごめんなさい、今回はパンです

前回のケーニッヒと同じ吉祥寺に
ドイツ・パンの美味しいお店があります
実は吉祥寺はドイツ・レベルの高い街です

FI2611933_1E.jpg

右は定番のプレッツェル
ちゃんと塩が付いている本物です

左はミューズリーブロート
ライ麦主体のパンの中に、レーズン、胡桃、亜麻の実、ひまわりの種などが練りこまれています
持った時のずっしりとした重量感がたまりません。 程よい酸味が美味しいくて
ケーニッヒ のレバー・ブルストに良く合います

FI2611933_2E.jpg

Linde
武蔵野市吉祥寺本町1-11-27, Tel: 0422-23-1412
営業時間:10:00~20:00 (2Fのイート・インは 19:00, L/O)
定休日:無休(年末年始のみ)

井の頭線、JR中央線 吉祥寺駅から徒歩約3分
北口、サンロード商店街にあります。西友の斜め前
お店のHP: http://www.lindtraud.com/

井の頭線界隈を散歩する | コメント(0)

ケーニッヒ

2006年07月19日
ドイツで本場のソーセージを初めて食べた時
その美味しさと味の違いにびっくりしました

W杯観戦から帰国した人の中には
日本でも、またあのソーセージを食べたいと思っている人も多いのではないでしょうか

数多くの店で、がっかりし続けた末
やっと出会った、ドイツのと同じソーセージを売るお店
それがここです

FI2611932_1E.jpg

ナイフを当てるとプチンと軽く弾けて切れる薄い皮
口に入れると、お肉だけの旨みがふわ~っとやさしく広がります
うまい!

お店の方のお話しによると
ときどきドイツに出向いて味の調査、研究をなさっているそうです
製品は埼玉の自社工場で製造されています

上の写真、焼いたのは「ケーニッヒ・フランク」
白い方は「ミュンヘナー・ヴァイスブルスト」、茹でて頂きます
下の写真は「レバー・ブルスト」、軽く焼くと美味しいです

FI2611932_2E.jpg

チューブ入りですが甘いマスタードも、ちゃんと置いてあります
ケーニッヒ・フランクやヴァイスブルストにすごく合います

König
武蔵野市吉祥寺南町1-17-10, Tel: 0422-49-4186
営業時間:10:00~20:00 (金・土曜は 21:00まで)、定休日:無休(年始のみ)

井の頭線、JR中央線 吉祥寺駅から徒歩約3分
南口を出て丸井の脇から井の頭公園へ向かう途中の左手にあります

FI2611932_3E.jpg

井の頭線界隈を散歩する | コメント(0)

ストラスブール・番外編

2006年07月17日
Strasbourg /フランス

落胆・・・、そして感謝

W杯決勝戦の日
私はフランスのストラスブールに居ました

街は朝から普段とは違う盛り上がりの状態
折角だからフランスに勝って欲しかったなぁ

FI2611937_1E.jpg

翌日の新聞はジダン、ジダン、ジダン一色でした
彼のこれまでの功績を綴った特集記事や
"Bleus" フランス代表の健闘を称える記事が多く目に付きました
フランス人の好感度up!

左上のオレンジ: "A notre 10 de coeur, merci !" 「我々の心の10番、ありがとう」
中央の上: "Zizou, on t'aime" 「ジズー(ジダンの愛称)、We Love You」
右中: "Le finale d'une légende" 「伝説の終焉」

FI2611937_2E.jpg

これは現地15日の朝刊
一面でユベントスのセリエB 降格を伝える記事の裏にアディダスの全面広告
ジダンが今大会で履いていた黄金のスパイクと
ひと言 "merci" 「ありがとう」

これがフランス人の正直な気持ちだと感じました
みんな今回の結果を素直に喜んでいましたから
実際のところフランス人自身も今大会は期待していなかったんだろうな

一部では移民問題を絡めているようですが、フランス国内は非常に冷静に報道していました

準優勝おめでとう!

FRA.gif

(撮影: 2006年7月10, 15日)

フランスを巡る | コメント(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。