09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

喫茶 アメリカン

2010年03月12日
ホットケーキがお気に入りの4店
最後は昭和21年創業、大阪の老舗店
小林カツ代さんの著書「おいしい大阪」(文春文庫)で知ったお店です

☆アメリカン_6241b

千日前商店街のアーケードの中にあって
しかも昔風のゴージャスな装飾
入るのを思わず躊躇してしまいます・・・

が、ホットケーキの粉はもちろん手作り
コーヒーは自家焙煎という、ちゃんとした安心なお店です

☆アメリカン_6238b

バターリッチな味わいのホットケーキ
6 つに切られて出てきます
美味しい^^

☆アメリカン_6237a

レトロなグラスで供されます
珈琲専門店にも負けない味です

☆アメリカン_6239a

隣席のおじちゃんが「レイコーちょうだい」って注文していました
“レイコー” とは 「冷コー」、関西弁で云うアイスコーヒーのことです
今でも現役の言葉であったことにちょっと吃驚^^

《喫茶 アメリカン》
大阪市中央区道頓堀1-7-4、 Tel: 06-6211-2100
営業時間: 9:00~23:00、 定休日: 第2、3木曜日とその他もう1回の木曜日の月3日
千日前商店街のBlog 内・お店のHP: http://sennichimae.com/aruku/tenpo.asp?mem_num=26

☆アメリカン_6240b

地下鉄御堂筋線 なんば駅15番出口から徒歩2分
近鉄奈良線、地下鉄堺筋線、千日前線 日本橋駅から徒歩3分

(撮影:2009年7月4日)

スポンサーサイト
関西を巡る | コメント(0)

うさみ亭マツバヤ (旧・松葉家本舗)

2010年03月01日
大阪の味を代表する食べ物
お好み焼きと並んで思い浮かべるのは、きつねうどん !

こちらは、“きつねうどん”発祥のお店
先代のご主人、宇佐美要太郎さんが考案されました

☆松葉家_5958a

真ん中にどんと10cm角大の分厚いお揚げさん
噛むと、少し甘めに、しっかりと味付けされたお出汁が、じゅわ~と溢れ出ます^^
このお味が、モチモチして柔らかな大阪のおうどんによく合います
お揚げさんは3日も掛けて炊いているそうです

おつゆは、昆布、鰹、淡口醤油、味醂などのお出汁が素晴らしく
もちろん最後の一滴まで美味しく飲み干します^^

おつゆと具と麺、三位一体のハーモニーが素晴らしいのが、“大阪うどん”の特長です
麺が際立って主張し、生醤油だけでも美味しく頂ける“讃岐うどん”との違いです

大阪の薄味の基本は、あっさり、まったり、こってりがひとつにまとまった“はんなり”のお味
この“はんなり”の味に出会えるお店です

☆松葉家_7546a

二代目ご主人が、おうどんに対する並々ならぬこだわりと愛情を綴った
「きつねうどん口伝」(筑摩書房)

創業は明治26年(1893年)
代替わりを機に、店名を「松葉家本舗」から変更されました

☆松葉家_5957b

《うさみ亭マツバヤ》
大阪市中央区南船場3-8-1、 Tel: 06-6251-3339
営業期間: 11:00~19:30、 定休日: 日曜、祝日
地下鉄御堂筋線 心斎橋駅から徒歩約5分

(撮影:2009年6月4日)

関西を巡る | コメント(0)

ねぎ焼き やまもと

2010年02月25日
大阪を代表する味、お好み焼き
さすがに本場は美味しいなぁと感動したお店、2軒目

ねぎ焼きは、薄い生地に青葱をふんだんに盛って焼き
お醤油で味付けをする、大阪発祥のお好み焼きの一種です
こちらは、その元祖のお店です

☆やまもと_03a

「いかすじねぎ」
表面はかりっと香ばしい仕上がり
甘辛く煮込まれたこんにゃくと牛筋が葱の甘みと絶妙に合います
大きめに切られたこんにゃくの歯応えが良いアクセントになっています

しょうゆ味がやや濃い感じもしますが
最後に搾り掛けるレモンの酸味のお蔭で、さっぱり爽やかな風味です

☆やまもと_0786b

厨房には小口に切られた青葱が
何籠もどっさりと山積みにされていて、壮観です^^

☆やまもと_0787a

《ねぎ焼き やまもと・本店》
大阪市淀川区十三本町1-8-4、 Tel: 06-6308-4625
営業時間: 11:30~22:00、 定休日:第2水曜日
お店のHP: http://www.negiyaki-yamamoto.com/

阪急電車 十三駅から徒歩3分
西改札を出て十三筋(国道176号)を渡った左手、サカエマチ商店街

(撮影:2006年7月5日)

関西を巡る | コメント(0)

生野お好み焼き 桃太郎

2010年02月23日
“大阪を代表する味”として真っ先に思い浮かべるもの
それはやっぱり、お好み焼き !

さすがに本場は美味しいなぁと感動したお店を2つ
どちらも、とっても有名な人気店ですが・・・
食べてみて、その訳に合点がいった2店です

まずは、こちら

山芋と玉子のバランスが絶妙で
生地がふっくら、ほっこりとしているのが特長です

☆桃太郎_6249a

豪快にして繊細
お出汁の味もよくきいて、何ともいいお味^^
美味しさのあまり、ハフハフと一気に食べてしまいます

上は、こちらの看板メニュー「いもすじねぎ玉」
ふかした薄切りの男爵いもが、たっぷりと混ぜ込まれています
じゃがいもはキャベツとの相性が悪そうで、邪魔になるのではと思いきや
ほくほくとした歯応えが良いアクセントとなって絶品です^^

☆桃太郎_5971a

定番の「いか豚玉」
厨房で作り、ベストな状態の出来上がりを持ってきてくれるので
東京在住の素人にも安心です^^

☆桃太郎_5970a

「ミックスやきそば(海老)」
大きめに切られたきゃべつがたっぷり入って、これも美味しい !
麺は中太で、もちもちした食感です
甘辛ソースと微塵の紅生姜とのバランスが最高です

☆桃太郎_5973a

各テーブルには青のりや、かつお、昆布の粉などと一緒に
一味唐辛子が置かれてあります(手前の赤い小瓶)
お好み焼きにはらりと散らすと、これがよく合います !

☆桃太郎_5969a

《生野お好み焼き 桃太郎・新深江本店》
大阪市東成区大今里南6-2-2、 Tel:06-6972-3388
営業時間: 11:30~22:30、 定休日:火曜日
お店のHP: http://momotarou1.com/

2006年に現在地に移転され、行き易くなりました。 嬉しい^^
地下鉄千日前線 新深江駅 4番出口から徒歩約1分、コクヨさん本社の隣です

(撮影2009年6月4日、7月5日)

関西を巡る | コメント(0)

御堂筋線の駅

2010年02月22日
御堂筋線の駅って・・・
どこかヨーロッパの香り

☆大阪地下鉄_6209a

ホームの屋根が高くて
ドーム状になっているせいでしょうか

☆大阪地下鉄_5955a

趣向を凝らした素敵な照明のせいでしょうか

☆大阪地下鉄_0002a

最初は淀屋橋駅(撮影:2009年7月4日)
2枚目は心斎橋駅(撮影:2009年6月4日)
最後は増築工事前の梅田駅(撮影:1988年10月2日)

関西を巡る | コメント(0)

関空へのちょっと贅沢な時間

2010年02月16日
伊丹空港からの東京行き最終便は、騒音対策から20時と早いので
大阪からの帰京は関空を利用することが多いです

関空に向かう時のちょっとした愉しみが
南海電鉄の特急列車“ラピート”に乗ること

☆南海電車_5977a

自腹で、わずか200円をプラスして“スーパーシート”に座ります
自分へのご褒美

丸い窓が、東京ディズニーリゾートを周るモノレールのようで
内装の可愛らしい車両です
顔は昆虫みたいで、ちょっと、いかついです^^

☆南海電車_5978b

この座り心地の良いシートに身を沈めると
あぁ~、出張が終わった~、という気分が湧いてきて
ホッとします

(撮影:2009年6月4日)

関西を巡る | コメント(0)

小島屋の“けし餅”

2010年02月15日
帰京時に便利な駅や空港で買える
大阪のお土産 My Best3

番外編として、もうひとつ和菓子

☆けし餅本舗_5994a

薄くて柔らかなお餅の表面に
びっしりと香ばしい芥子(けし)の実がまぶしてあるお菓子です
口に入れると、芥子の実がプチプチ弾けて、食感と音が素敵です^^
中は甘さ控えめのこし餡で、お茶請けにぴったりです

上品なお味で、大阪・堺のイメージとは結びつかないのですが(失礼)
江戸時代初期の創業、300年以上の歴史を誇る老舗店の銘菓です

☆けし餅本舗_5990a

《堺名産けし餅本舗 小島屋》
お店のHP: http://keshimochi.com/
※購入に便利な店舗
新大阪駅、大阪駅、伊丹空港、関西国際空港の数多くの売店で見かけます
4商品の中で最も入手しやすいです

(撮影:2009年6月5日)

関西を巡る | コメント(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。