05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ウィーン・34

2007年12月31日
Wien/オーストリア共和国

随分とウィーンの話題が長く続きましたが・・・
いま思い返すと、それだけウィーンが
濃密で盛り沢山な街だったのかなぁ、と感じています

ウィーンに関する情報は多過ぎるほどに溢れていて
旅行前、裏付けを取って手捨選択するのは結構大変な作業でした
市街地の地図すら入手困難だった去年のストラスブールとは
また違った準備の難しさがありました

昨日のウィーンの天気は雪、最高気温が氷点下2度
冬の凍て付くウィーンにも行ってみたい気がします^^ そう云えば
この寒さのせいか、料理の味付けは全般的に濃い目で塩味がやや強かったのは意外な発見でした

FI2612254_1E.jpg

ウィーンではサービスが悪くて不愉快な経験をしたという話を時々耳にしますが
店に入って挨拶をしたのに無視された、なんてこと事は一度もありませんでしたし
私はウィーンの接客が決して失礼だとは感じませんでした
逆に、例えばスーパーのレジ係の方などは、フランスとは比較にならないほど親切だと思います

確かにオーストリアの人は
サービス精神旺盛で全面的に愛想が良いドイツ人とは、ちょっと違うタイプの方々です
真面目でゆっくりと着実に仕事をこなす気質を
日本人の中には受け入れ難く感じる人が居るのではないかなぁ、と
ウィーンを体感して、今、自分なりの解釈をしています

FI2612254_2E.jpg

写真は帰りの機内からのもの
1枚目、シベリアの手前で陽が沈み・・・
2枚目の写真、日本海の上空で朝日になりました

AUS.gif

(撮影:2007年8月14,15日)
《今回のオーストリア旅行の記録(完)》

>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
オーストリアを巡る | コメント(0) | トラックバック(0)

ウィーン・33

2007年12月29日
Wien/オーストリア共和国

《空港》

FI2612253_1E.jpg

ウィーン空港の地下には鉄道駅があります
シティ・エアポート・トレイン(City Airport Train) 通称CATという電車が
空港駅とミッテ(Wien Mitte)駅間をノンストップ、約16分で結んでいて、とても便利です

乗車券の自販機は、プラットホーム上にありますが
空港内、税関検査前の手荷物受取り場にも設置されていて
預けた荷物が出てくるまでの待ち時間に切符を買うことができます

FI2612253_2E.jpg

ミッテ駅には、シティエアターミナルがあって
CATの乗車券を持っていると
オーストリア航空はじめスターアライアンス加盟航空会社のチェックインができます
もちろん荷物も預けることが出来て、とても便利です

FI2612253_3E.jpg

最初の写真は Sバーン、ミッテ駅のホーム
緑色の案内に従って進むとシティエアターミナルと、CATの乗り場があります

FI2612253_4E.jpg

上の写真は空港の出発ゲート
天窓から太陽光が射し込み明るくて気持ちの良い待合室です

《City Airport Train》
鉄道のHP: http://www.cityairporttrain.com/
乗車券は、片道券9ユーロ、 往復券16ユーロ
日中は30分間隔で走っています

AUS.gif

(撮影:2007年8月14日)

オーストリアを巡る | コメント(0) | トラックバック(0)

ウィーン・32

2007年12月28日
Wien/オーストリア共和国

《ホテル/水》

ホテルは3年前にドイツのハンブルクで利用して以来
贔屓にしている、ラディソン・サス に泊まりました

スターアライアンス・メンバーでもあるスカンジナビア航空のホテル・チェーンです
ビジネス・ユース向きの機能的な設えとサービスで
堅苦しさが無く、ゆったり落ち着けるのがお気に入りです

FI2612252_1E.jpg

ホテルは リンク通り と 市立公園(2007年10月07日の記事) に面してあります
毎朝の散策への出発が緑の香りからスタートできて
とても幸せな気分でした

FI2612252_2E.jpg

建物は昔の宮殿を改装したもので
ウィーンらしい重厚な雰囲気があります
部屋は横長で窓がたくさんあり、とても明るかったのが嬉しかったです

FI2612252_3E.jpg

オーストリアは水道の水が飲める稀な国です
贅沢にもアルプスの雪解け水を利用しているのだそうです
レストランやカフェに入っても日本と同じように水が無料で提供されます

ホテルの部屋の洗面台の水も飲むことができます
少し流しておくと、まるで井戸水のように冷た~い水が出てきて
いかにも良質な水だと感じます
肌触りまでとても柔らかい軟水です

部屋には日本のホテルと同じように
湯沸し用の電気ポットが備えてあり、とても便利でした

FI2612252_4E.jpg

《Radisson SAS Palais Hotel 》
1区, Parkring 16
ホテルのHP: http://www.palais.vienna.radissonsas.com/

路面電車 ①②線 ヴァイブルクガッセ(Weihburggasse)駅前
地下鉄 U-4線 シュタットパーク(Stadtpark)駅から徒歩約3分
Sバーン ミッテ(Wien Mitte)駅から徒歩約8分
シュテファン大寺院(Stephansdom)から歩いて約7分

AUS.gif

(撮影:2007年8月10日)

オーストリアを巡る | コメント(0) | トラックバック(0)

ウィーン・31

2007年12月27日
Wien/オーストリア共和国

《現代ヨーロッパの都》

FI2612251_1E.jpg

ウィーンの旧市街を散歩していて
よく目にしたのが、大型のクレーン

歴史的な古い建物を大切に修理して
美しい街並みを継承していくことに尽力している様子が
とても印象的でした

FI2612251_2E.jpg

ウィーンの街を初めて歩いてみて
「パリは大きく育ったけど、所詮はウィーンの子供だな」
という思いが強く湧きました

FI2612251_3E.jpg

2000年以上昔の都はギリシャ
1000年ほど前の中心はローマ

そして、現代に於けるヨーロッパの基礎は
ウィーンにあると感じます

AUS.gif

(撮影:2007年8月12日)

オーストリアを巡る | コメント(0) | トラックバック(0)

ウィーン・30

2007年12月26日
Wien/オーストリア共和国

《果物》

FI2612249_1E.jpg

旅の疲れにビタミン補給
果物をいろいろと買いました

名産のアプリコット以外にも
ウィーンはフルーツがとても豊富で美味しいです

FI2612249_2E.jpg

りんごは、小さい食べ切りサイズです
Summerred Äpfel という品種が爽やかな甘酸っぱさでお気に入りでした
グラム売りで、1kg=1.19ユーロ。 ひとつ約0.16ユーロ(≒約26円)
安い ! もちろん、1個から買えます

苺は、先端も、付け根も完熟で畑の瑞々しい勢いを感じる自然な味わいです
まだ青い内に出荷され、流通過程で色だけ赤くなった日本の苺とは大違いの美味しさです

FI2612249_3E.jpg

上の写真は、旧市街にある老舗スーパー
ユリウス・マインル(Julius Meinl )で見つけた
Fisch gepreßter Orangensaft 「搾りたてオレンジジュース」

店頭で搾って、そのままこの容器に入れてくれます
とびきり美味しい ! 500ml で 2.49ユーロ(≒約400円)
余りにナチュラルで、蓋を開けたら、小さな虫が 1匹浮いていました^^

AUS.gif

(撮影:2007年8月13日)

オーストリアを巡る | コメント(0) | トラックバック(0)

ウィーン・29

2007年12月25日
Wien/オーストリア共和国

《8月の気候》

ウィーンは内陸だけに、1日の寒暖の変化はかなり激しいです
朝夕の気温は15度前後。 真夏の日本から行くと
涼しいと言うより、ちょっと肌寒く感じる程です

しかし日中の陽射しは強くて、気温は30度以上にまで上がります
ただ、吹く風が高原のように爽やかで涼しく、街歩きは気持ちよくできます

夕方には日本のように、かなりの頻度で夕立があります。 激しい雷雨が1~2時間続くこともあります
日没は21時頃。 20時半頃まではお昼のように明るいです

そんな状況で何を着るかは、ちょっと難しいところですが・・・
朝のツェントラル(2007年10月21日の記事)で通勤の人々の服装を観察したら、やはりまちまちで
Tシャツ1枚の人もいれば革のジャケットや厚いコートを着た人、ウールのマフラーをした人まで居ます

私は暑がりなので、半袖のシャツに薄手の長袖のシャツジャケットを持ち歩いて対応できました
寒いのが苦手な方は、長袖のシャツを着て、暑い場合は袖をめくり
冷えてきたら、しっかりとしたものを羽織るのが良いかと思います
東京の10月頃の感覚でしょうか

FI2612250_1E.jpg

やっぱり音楽の都です
こんなにラフな服装でクラリネットを吹いていますが
彼女の「くるみ割り人形・組曲」、とっても上手でした

コインを入れるときに、ちらっと中味が見えたのですが
かなりの金額を稼いでいました (下世話な話ですみません。。)

FI2612250_2E.jpg

彼女が演奏していたケルントナー通り(Kärntnerstraße)
シュテファン大寺院からオペラ座(Staatsoper)へと南に伸びる目抜き通り
一日中、歩行者天国になっていて、ウィーンらしからぬ(?) 賑やかさがあります

AUS.gif

(撮影:2007年8月12日)

オーストリアを巡る | コメント(0) | トラックバック(0)

ウィーン・28

2007年12月23日
Wien/オーストリア共和国

カールス教会
Karlskirche

FI2612248_1E.jpg

ホテル・インペリアル(Imperial)の周辺
リンク通り(Ringstraße)の南東の外側は
「広い通りに、街路樹の緑。 噴水の広場に、路面電車」
と、勝手に思い描いていたウィーンらしい景観が実在していて、お気に入りの散歩コースでした

カールス教会は、マリア・テレジアの父
カール6世(オーストリア皇帝 兼 神聖ローマ帝国皇帝)が
ペストの流行が鎮まるのを祈願して建立した教会です

FI2612248_2E.jpg

18世紀を代表するバロック建築で鮮やかな水色のドーム屋根がとても美しいです
よく見ると十字架に蛇が巻きついています
昔、蛇は万能薬として利用されていたからでしょうか。。

FI2612248_3E.jpg

上の写真、教会の近くの小さな公園に、ひっそりと佇むようにあった
ベートーベン(Ludwig van Beethoven/1770~1827年)さんの像
ドイツのボンで生まれたベートーベンは 22歳の時から、このウィーンに活動の場を移したそうです

FI2612248_4E.jpg

《カールス教会》
4区、 Kreuzherrengasse 1
寺院のHP: http://www.karlskirche.at/
路面電車 ①②線 シュヴェルツェンベルクプラッツ(Schwarzenbergplatz)駅から徒歩約10分
地下鉄U-1、U-2、U-4線 カールスプラッツ(Karlsplatz)駅から徒歩約5分

AUS.gif

(撮影:2007年8月14日)

>>続きを読む・・・
オーストリアを巡る | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。