09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ウルム・8

2006年09月21日
Ulm /ドイツ

FI2611967_1E.jpg

"DB" ドイツ鉄道のHPが、さすがに素晴らしく便利で
ヨーロッパ全国の乗り換え案内を、容易かつ詳細に検索できます
トーマスクック時刻表で自力で調べるより遥かに正確で迅速です

ドイツ鉄道のHP: http://www.bahn.de/
これが無かったら今回の旅程は立てられなかったかもしれません

FI2611967_2E.jpg

<この日の旅程の詳細>
【往】
ストラスブール(Strasbourg).....7:23発, OSB86489
オッフェンブルグ(Offenburg)....7:55着
-----------------------------------------------------
オッフェンブルグ..........................8:22発, ICE78
マンハイム(Mannheim Hbf).....9:15着
-----------------------------------------------------
マンハイム.....................................9:33発, ICE513
ウルム(Ulm Hbf)......................11:06着
-----------------------------------------------------
※OSB86489= ストラスブール始発→オッフェンブルグ終着
※ICE78= チューリッヒ(Zürich HB)発→ハンブルク(Hamburg-Altona)行
※ICE513= ミュンスター(Münster Hbf)発→ミュンヘン(München Hbf)行

FI2611967_3E.jpg

【復】
ウルム...........................................18:05発, EC60
ストラスブール..............................21:02着
-----------------------------------------------------
※EC60= ミュンヘン発→ストラスブール終着

赤い塗装が印象的なドイツの電車。 上から順に
オッフェンブルグ駅に停車中の近郊電車
ストラスブール⇔オッフェンブルグ間を走る車両。 朝一、これに乗りました。
ウルム駅に停車中の2階建て近郊電車

GER.gif

(撮影: 2006年7月14日)

スポンサーサイト
ドイツを巡る | コメント(0) | トラックバック(0)

ウルム・7

2006年09月18日
Ulm /ドイツ

午前中から飲むビールほど旨いものはありません
ゴルフの前半を終えて飲むビール
週末のランチで飲むビール

...と、いうことで
ウルムに到着するなりビール・スタンドに直行して、まずは一杯
うまい!!!

FI2611966_1E.jpg

駅のスタンドでさえ、この上手な注ぎ方
きめ細かい泡が立っています
ウルムの地元ビールは "Gold Ochsen" (金の雄牛)
ホップの華やかな香りと軽快な味わいのするビールでした

ドイツに行った時に感じる安心感
小腹が空いた時には、ソーセージの屋台を探せばよい
この精神的な余裕は観光客的には本当に嬉しいものです

大阪に行った時に
"たこ焼き"に期待する頼もしさに似ているかなぁ

FI2611966_2E.jpg

駅の売店で売っていたGold Ochsenの500ml缶が1.1ユーロ
隣に置いてあったVolvic が1.2ユーロ
ドイツのビールは本当に水よりも安かった

GER.gif

(撮影: 2006年7月14日)

ドイツを巡る | コメント(0) | トラックバック(0)

ウルム・6

2006年09月16日
Ulm /ドイツ

2年前ハンブルクに行った時
ベルリンまでのICEがとても混んでいたので
今回は日本で事前に予約を取っておきました
ICEは、どの路線でも常時、結構な混雑をしているようです

乗り換えのマンハイム(Mannheim Hbf)駅で
いざホームに上がってみると、1本前のICEがまだ停車中でした
案内の電光掲示には「45分遅れ」と表示されています(実際には1時間遅れて出発して行きました)

FI2611965_2E.jpg

ドイツは意外にも西側の中で一番ダイヤが不正確な国だと思います
フランスも当然の様に遅れますが、ドイツも結構ひどいです
その逆にイタリアが正確なのには驚かされます

いよいよ30分遅れで乗り込むべき電車がやってきました
車内に置かれている案内の冊子を見てみると
列車番号に「ICE513/LH6807」と書かれてあります

・・・・?!
この電車は、なんとルフトハンザ航空とのコード・シェア便なのでした
ちゃんとルフトのマイルも貯まるそうです

フランクフルト経由でやって来た電車だし
もしかして飛行機の遅れの影響を受けて、この電車も大幅に遅れたんでしょうか ?
ドイツ鉄道の名誉のために、いろいろと推理してしまいました

FI2611965_1E.jpg

運転席が見えるタイプの車両だったので、降りる際先頭を撮ってみました
最初の写真はウルム駅に停車中の別のタイプのICE

(撮影: 2006年7月14日)

ドイツを巡る | コメント(0) | トラックバック(0)

ウルム・5

2006年09月14日
Ulm /ドイツ

FI2611964_1E.jpg

悠然とした流れで
見ているこっちの気持ちまで
ゆったりとさせてくれるドナウ川

川に沿ってある煉瓦で整えられた遊歩道を散歩をすると
とっても気持ちが良かったです

FI2611964_2E.jpg

日本に帰ってから調べてみたら
ドナウ川は、この南ドイツから発してウィーン、ブタペストを流れ
ルーマニアから黒海に注ぎ込むヨーロッパで2番目に長い川、なのだそうです

ウルムでは毎年7月
ナバダと呼ばれる水上祭りが催されます

FI2611964_3E.jpg

最初の写真、ナバダを直前に控え河原では飾り付けの準備がなされていました
夏の陽射しに祭りの飾りがよく似合って
街全体が愉し気な雰囲気に包まれていました

2番目の写真は
まったりする白鳥とお兄ちゃんのツー・ショット
の・ん・び・り

GER.gif

(撮影: 2006年7月14日)

>>続きを読む・・・
ドイツを巡る | コメント(0) | トラックバック(0)

ウルム・4

2006年09月12日
Ulm /ドイツ

FI2611963_1E.jpg

今回、旅の拠点としてストラスブールを選んだ理由のひとつが
このウルムに日帰りできる圏内、ということもありました

フランスとは、やはり違う雰囲気があり
ちょうど良い旅のアクセントになったことも含めて
ここまで、はるばるやって来て良かったです

上は 1370年に建造された市庁舎(Rathaus)
素敵な壁画が描かれていました

FI2611963_2E.jpg

これは、その市庁舎前の噴水で
アイスクリームを食べながら熱唱していた女の子
彼女にとって至福のひととき、といった雰囲気でした

下の写真は、"肉屋の塔"と呼ばれる斜塔(Metzgerturm)
魚の鱗のような屋根瓦の斑模様と触覚のように伸びる2本の棒が可愛らしい建物でした
1349年の建造だそうです
斜塔の左奥に見えるのは大聖堂です

FI2611963_3E.jpg

《ウルムの行き方》
ストラスブール(Strasbourg)から直通の急行(EC)で約3時間、1日4往復
特急(ICE)を乗り継ぐ場合は乗り換え時間を含めて約4時間

FI2611963_4E.jpg

シュトゥットガルト(Stuttgart Hbf)からは1時間
ICE, EC, RE(近郊快速)など合わせて1時間に3~5本程度
ミュンヘン(München Hbf)とフランクフルト(Frankfurt (Main) Hbf)からは直通のICEが毎時1本
それぞれの所要は1時間25分、2時間20分

GER.gif

(撮影: 2006年7月14日)

ドイツを巡る | コメント(0) | トラックバック(0)

ウルム・3

2006年09月11日
Ulm /ドイツ

ウルムも情報が少なくて
昼食の候補を事前には決めていなかったので
綺麗で気持ちの良い漁師街にある沢山のカフェの中から
良さそうなお店を選んで入りました

夏はどこのお店もテラス席を出してくれてあるので
お店の雰囲気や客層、料理の感じを探りやすくて助かります

FI2611962_1E.jpg

手前の料理は、豚のカツレツ
シュヴァイネ・シュニッツェル(Schweine Schnitzel)
見た目も味も、"とんかつ"そっくりです
逆に、日本にやって来て"とんかつ"を気に入るヨーロッパ人も多いそうですよ

それにしても・・・
色取りのセンスがまったく無い、この盛り付け(笑)
ドイツにやって来たなぁって感じがして嬉しくなります

奥はシュペツレ(Spinatspätzle)
ほうれん草のパスタ
絡めてあるチーズの味がとっても良くて美味しかった

FI2611962_2E.jpg

これは、ブレッツェルを浮かべたスープ(Laugenbrezel Suppe)
コンソメの濃厚なスープをパンが吸って、ちょうどいい塩梅です

FI2611962_4E.jpg

ドイツの料理は、どれも美味しい上に
どことなく安心感を受けるので、やっぱり大好きです
清流がすぐ傍を流れて、気持ちの良い昼食でした

FI2611962_3E.jpg

《Restaurant Bierwirtschaft Zur Lochmühle》
Gerbergasse 6, 89073 Ulm a.d. Donau

GER.gif

(撮影: 2006年7月14日)

ドイツを巡る | コメント(0) | トラックバック(0)

ウルム・2

2006年09月09日
Ulm /ドイツ

漁師街
Fischer Viertel

FI2611961_1E.jpg

大聖堂から南へ5分ほど
坂を下った周辺には、小さな運河が何本も折り重なる様にドナウ川に流れ込む一帯があります
漁師街と呼ばれる地域で、中世以来の古い街並が残っている美しい場所です

FI2611961_2E.jpg

ウルムは大聖堂目当てだった、というか
大聖堂の情報しか知らなかったので
こんなに綺麗な場所があるとは予想外に嬉しい出会いでした

2番目の写真は煉瓦の橋を自転車で渡る地元住民
絵になります
こういう街に暮らせて羨ましい

FI2611961_3E.jpg

この日も、ものすごく暑くて
すずめも必死に水浴びをしていました

FI2611961_4E.jpg

上の写真は、にじます(かな?)をデザインした装飾看板
川魚料理のレストランと思われるお店もここにはありました

GER.gif

(撮影: 2006年7月14日)

>>続きを読む・・・
ドイツを巡る | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。