03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

台北・23

2008年03月19日
Taipei/台灣

台湾までは成田から飛行機でたったの3時間半

お隣の国で、とっても近いのに、こんなにも別世界
つくづく国境って不思議だなぁと感じます

写真は帰りの機内からの景色

FI2612301_1E.jpg

上の写真、手前の細長い島は伊豆の新島
奥は伊豆半島の南端です

FI2612301_2E.jpg

この写真は、鹿児島の桜島
靄がかかっていますが、噴煙が上がっているのが見えました

TWN.gif

(撮影:2007年12月16日)

スポンサーサイト
香港・台灣・中国を巡る | コメント(0) | トラックバック(0)

台北・22

2008年03月18日
Taipei/台灣

台北商旅 慶城館
Les Suites Taipei Ching-Cheng
(レ・スイーツ・タイペイ チンチェン)

ホテルは、団体客を取らない、ということで
このホテルにしました

FI2612300_1E.jpg

デザイナーズホテルだけに、内装はお洒落です
機能的にも、とても良くまとまっていて、使い勝手の良い部屋でした
また、どことなくアットホームな雰囲気も持ち合わせていて
ゆったりと落ち着くことのできる、素敵なホテルでした

リピーターが多いとの評判がすごく頷けます
観光でもビジネスでも、どちらでもOKな、お勧めのホテルです
欧米人の利用客が多かったです

FI2612300_2E.jpg

駅のすぐ近くにありますが、大通りからは少し奥に入っているためか
周辺は静かで、駅前にありがちな治安の悪そうな雰囲気は全く感じません
ホテル内は更に静かで、外の喧騒が嘘のような別世界の落ち着いた空間です

FI2612300_4E.jpg

廊下に囲まれた中心部は最上階まで吹き抜けになっています
下に見える 1階は落ち着いた雰囲気のロビーです

下の写真の、ワインとチョコレートは
ホテル側が持ってきてくれたお詫びの品々です

FI2612300_3E.jpg

実は、チェックイン時に、ちょっとしたトラブルがありました
荷物が部屋まで運ばれて来ないなぁ、と思ったら・・・
フロントでベルボーイに預けたトランクが、そのまま行方不明になってしまったのです

ホテル側のスタッフが 2時間ほど必死に探した末、奇跡的に空港で発見されました
どこをどう間違ったのか、チェックアウトした別のお客さんの鞄に紛れて
空港へ運ばれて行ってしまったとのことでした
見つけ出された荷物と一緒に、これらを持って来た時の
ベルボーイ君のホッとした表情と心底嬉しそうな女性マネージャーさんの笑顔が印象的でした^^

観光のスケジュールには影響を受けなかったし
無事に出てきたから、その笑顔に免じて許してあげました
なかなか美味しいチリ産ワインでした。 ごちそうさま^^

FI2612300_5E.jpg

《台北商旅 慶城館》
Les Suites Taipei Ching-Cheng
台北市慶城街12号
ホテルのHP: http://www.suitetpe.com/
MRT木柵線 南京東路駅から歩いて1分。 駅までの間にコンビニもあって便利です

TWN.gif

(撮影:2007年12月14日)

香港・台灣・中国を巡る | コメント(0) | トラックバック(0)

台北・21

2008年03月17日
Taipei/台灣

《 MRTの自動改札》

台北市内にはMRT(地下鉄)が縦横に走っていて、とても便利です

運賃は日本と同じように距離に応じた料金体系で、初乗りは20元(約70円)
4、5駅はこの料金で乗ることができます

FI2612299_1E.jpg

乗車前に目的地までの切符を自動券売機で購入します
切符はプラスチック製のトークンになっていますが、これがちょっと驚く高機能なトークンなのです !
上の写真の右、青くて丸いのがそのトークンです
軽くて玩具のようですが、なんとICチップが組み込まれています

改札機は日本と同じタッチ式の自動改札です
入場の際、自動改札機のセンサー箇所に、このトークンをかざすとバーが開きます
丸くて小さいトークンをかざす事にちょっと戸惑いを覚えます

出場する時は、改札機のセンサー箇所の横にあるトークン投入口に投入すると通れます
回収して再利用されるので、紙の切符の使い捨てよりエコで良いですね

最初の写真の左側、四角いカードは 「一日票」 一日乗車券です
パスモ(PASMO)やスイカ(Suica)のように厚みのあるICカードで
同じく改札機のセンサーにかざして入場、出場します

一日券は200元ですが、これにはカードのデポジット料が含まれていて
使用後、窓口に返却すると50元が戻ってきますので実質は150元(約540円)です

FI2612299_2E.jpg

MRTの車内や駅構内は飲食禁止となっています
ペットボトルの水を飲んだり、ガムやアメを口にするのも禁止です !
違反すると 1,500元(約5,400円)の罰金ですので、ご注意下さい

FI2612299_3E.jpg

2、3枚目の写真は木柵線
MRTの中で最も古いこの路線は高架を走ります
お台場の“ゆりかもめ”のように無人で自動運転されています

TWN.gif

(撮影:2007年12月15日)

香港・台灣・中国を巡る | コメント(0) | トラックバック(0)

台北・20

2008年03月14日
Taipei/台灣

《アーケードの段差》

FI2612297_1E.jpg

台北の歩道は多くの場所がアーケードになっています
北国の雪除け用に対して、こちらのは夏の暑い日差し除け
といったところなのでしょうか

日本のアーケードのように、公道部分に屋根が設けてあるのではなくて
道路に面した各店舗がその1階部分の私有地を、通路として提供してくれている構造になっています

そのせいで、お店の境界毎に微妙な段差ができています
この段差が意外と歩きにくくて、しかも疲れます

足元を注意しながら歩く精神的な疲労と
数段の昇り降りの運動からくる膝への負担が
ボディーブロウのように蓄積していきます

FI2612297_2E.jpg

最初の写真、右側の女性が歩いている場所がアーケード
ここは特に酷くて、段差が4段もあります
左側のおじさんの立っている車道寄りの場所は平坦で歩き易いのですが
バイクが走ってくるので危険なのです

TWN.gif

(撮影:2007年12月15日)

香港・台灣・中国を巡る | コメント(0) | トラックバック(0)

台北・19

2008年03月13日
Taipei/台灣

《排気ガス》

FI2612296_1E.jpg

台北は、とても気に入りましたが
唯一、いただけない事が、排気ガスの酷さ

東京の汚れた空気で鍛えた私の肺も
これには悲鳴を上げました

空気の酸素濃度が薄い感じで、常に息苦しいです
街全体にガソリンスタンドの臭いが充満しています

FI2612296_2E.jpg

最大の原因と思われるものが、大量のスクーター
交差点では、信号待ちをするスクーターの数に圧倒されます
この大群が目の前を通過する際は、思わず息を止めてしまいます

これさえ無ければ
本当に良い街なんだけどなぁ~

TWN.gif

(撮影:2007年12月15日)
香港・台灣・中国を巡る | コメント(0) | トラックバック(0)

台北・18

2008年03月11日
Taipei/台灣

《アニメーション信号機》

FI2612295_1E.jpg

台湾の歩行者用の信号機はとってもプリティです

アニメーションになっていて
青いランプで描き出された歩行者が
まるで歩いているかのように、スムーズに動いて表示されます

名付けて“歩き坊や”
(私の勝手な命名です^^)

FI2612295_2E.jpg

上段の数字は赤になるまでの秒数で
カウントダウンされていきます

そして・・・ ! 残り秒数が20を切る頃になると
“歩き坊や” が突然、猛烈な勢いで駆け出します
もの凄いスピードです !

どこまで走っていくの ?! っていう勢いです
転びやしないか、見ていてひやひやします^^

TWN.gif

(撮影:2007年12月14、15日)

香港・台灣・中国を巡る | コメント(0) | トラックバック(0)

台北・17

2008年03月10日
Taipei/台灣

《加糖のお茶》

FI2612294_2E.jpg

台北の街中には、日本と同じように
24時間営業のコンビニがたくさんあって、とっても便利です

緑茶や烏龍茶のペットボトルも
いろんな種類が売られてありますが
なんと、その3~4割は砂糖が入ったお茶になっています

FI2612294_1E.jpg

上の写真、左は砂糖入りの烏龍茶
原材料欄には、確かに 『水、砂糖、烏龍茶』 と表記されてありました
飲んでみると・・・、やや微妙^^ ゴクゴク飲む感じではないです
「午後の紅茶」に少し似た味わいです。 500ml、15元(約55円)

右は無糖の緑茶
飲み慣れた普通のお茶です
こちらを買う場合は、ラベルの“無糖”表記を確認して下さい。 585ml、15元(約55円)

FI2612294_3E.jpg

世界豆漿大王(2008年2月17日の記事) や 阜杭豆漿(2008年2月19日の記事) で
すっかり気に入った豆漿もコンビニに普通に置いてありました
ちゃんと台湾風のお味で美味しかった^^

TWN.gif

(撮影:2007年12月14、15日)

香港・台灣・中国を巡る | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。