06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

長命寺 山本や

2010年04月14日
桜と云えば“さくら餅”

関東風の“さくら餅”は
小麦粉の生地を薄くクレープ状に焼いて餡を巻くスタイル
1717年、こちらのお店で誕生したのが発祥です

☆長命寺桜もち_6166a

お餅には桜の葉が3枚巻かれてあります
葉を外すと顔を出すお餅は、気品すら感じる美しい見た目です^^
包まれた餡は、きっちりとした円筒状をしています

☆長命寺桜もち_6168a

材料は、砂糖、小豆、小麦粉のみ
300年間、同じ作り方を守っているそうです
お餅はもちもちとした歯応え
餡は今に通じる甘味を抑えた上品な味わいです

姿も味も、出回っている多くのものとは全然違います
オリジナルならではの完成度の高さを感じます

お店の方がおっしゃるには、桜の葉は、香りを移すためと
乾燥を防ぐために巻いてあるものなので、外してお召し上がり下さいとのことです
一緒に食べると餡の風味が負けるのだそうです
私は葉ごと食べた方が餡の甘さがほわっと広がる感じがして好きなんだけどなぁ^^

☆長命寺桜もち_6170a

桜の時期だけでなく
こちらでは一年中“さくら餅”を買うことができます
店内でも頂けます

ちなみに、餅米で餡を包み込む関西風のさくら餅は
大阪・藤井寺の道明寺がルーツです

☆長命寺桜もち_6164a

《長命寺 桜もち 山本や》
墨田区向島5-1-14、 Tel: 3622-3266
営業時間: 9:00~18:00 (店内での食事は17:00まで)、 定休日:月曜日
東武鉄道 曳舟駅から徒歩約15分
東京メトロ銀座線 浅草駅から徒歩約20分

☆長命寺桜もち_6172a

お店は隅田川の土手上にあります
写真は、お店近くから見た浅草方面の風景

(撮影:2009年6月24日)

スポンサーサイト
東京を散歩する | コメント(0)

青山霊園の桜

2010年04月07日
先週末の土曜日
青山通りをふらふらと歩いていた時
ちらりと見えたピンク色に誘われて・・・

☆青山霊園_8001a

東京では知られた“お花見”スポットのひとつです
ちょっとお邪魔して、通り抜けさせて頂きました

☆青山霊園_8007b

有名な桜並木はピンク色のトンネルのようでした^^
満開の大木の向こうには六本木ヒルズが見えます

☆青山霊園_8015a

この近くに「墓地下」という都バスの停留所があります
私が「はかちか」と読んだら、同行者に大笑いされました
周辺には、乃木坂トンネルや六本木トンネルがあるので、とっさに、こう思ったのですが・・・
その名称では余りに恐ろし過ぎて、誰も利用しないですね。。。
正解は、もちろん「ぼちした」です

《青山霊園》
港区南青山2-32-2
東京メトロ銀座線 外苑前駅から徒歩で約5分
千代田線 乃木坂駅からは徒歩で約3分

(撮影:2010年4月3日)

東京を散歩する | コメント(0)

万惣フルーツパーラー

2010年03月05日
いくつになっても魅惑的なデザート
ホットケーキ !

小さい頃、おやつに母親が焼いてくれた日はハッピーだったなぁ♪
最近は専門店も数多くできて、手軽に外で食べられるので嬉しいです

それぞれ特長ある、お気に入りの4店
まずは My Best のこちら

☆万惣_1714a

表面はこんがり、ぱりっとした焼き上がり
こうばしい甘い香りがふわ~っと立ち昇ります
直球勝負 ! 王道を往くホットケーキです

メイプルシロップのほどよい甘みと、溶けたバターが
しっとり香ばしく焼かれた生地と渾然一体となる美味しさは云うまでもありません^^
見た目の美しさにも、味わいの繊細さにも
作りの丁寧さが伝わってくる絶品のホットケーキです

☆万惣_5935a

こちらは「フルーツホットケーキ」
フルーツが小さくひと口大に切られ、生クリームに混ざってあるのがポイント !
食べ易い上に、生地とフルーツ、生クリームの三位一体の幸せを味わえます^^
バニラクリームソースで頂きます

創業は江戸時代の弘化3年(1846年)
昔ながらのぶ厚い赤銅板で焼いているそうです
このためだけにわざわざ神田まで足を運ぶ価値のある逸品です

☆万惣_1346a

《万惣・本店 フルーツパーラー》
千代田区神田須田町1-16、 Tel:3254-3711
営業時間:11 :00~20 :00、 定休日:日曜、祝日、第3月曜
お店のHP: http://www.manso-kanda.co.jp/index2.html

東京メトロ銀座線 神田駅 6番出口すぐ
東京メトロ丸の内線 淡路町駅/都営地下鉄新宿線 小川町駅 A1出口から徒歩3分
靖国通りと中央通りの交差点角

(撮影:2006年11月18日、2009年5月30日)

東京を散歩する | コメント(0)

関西風手打ちうどん 藤井

2010年03月04日
お好み焼き同様、東京で
美味しい“大阪うどん”を食べるのは至難の業です

こちらは地元、恵比寿勤務の方に教わったお店
昆布のお出汁がきいた美味しいおつゆが特長です
透き通った綺麗な色で丼の底が見えます^^

☆藤井_7548a

「きつねうどん」
お揚げさんがふっくらと炊かれています
麺は大阪風の“もちもち”というよりも、柔らかいゆるゆるっとしたコシがあって
どちらかと云えば福岡のおうどんに近い食感です

全体として、あっさりとした仕上がりで
松葉家さん(2010年3月01日の記事)の“はんなり”のお味とは
また異なるタイプのきつねうどんですが
毎日飽きずに食べられる様な美味しいおうどんです

☆藤井_3722b

こちらの名物「納豆定食」
納豆丼と、おうどんのセットです
鰹節と青葱と海苔と卵黄、この組合せが何ともいいお味で美味しい逸品です^^

☆藤井_7547a

《関西風手打ちうどん 藤井》
渋谷区恵比寿1-13-6、 Tel: 3473-0088
営業時間: 11:00~21:30、 定休日:日曜日

☆藤井_2965b

JR恵比寿駅 東口から徒歩約2分

(撮影:2008年1月28日、 2010年2月24日)

東京を散歩する | コメント(0)

鶴橋風月・お台場店

2010年02月27日
これだけ交通手段が発達し、東西の往来が盛んになったにも係わらず
不思議なことに、依然と・・・
東京で美味しいお好み焼きを食べる事は至難の業です

東京で、お好み焼きが食べたくなった時に
ふらふらと足が向いてしまうのが、こちら
大阪・鶴橋に本店がある全国チェーンのお店です

☆鶴橋風月_2852a

特長はきゃべつの旨みが秀逸なこと
お好み焼きは、きゃべつを美味しく食べる料理であることに気付きます

焼くときに、コテで生地を上から押さえることはしません
ふっくらと厚みのある仕上がりです
その生地の中で、じっくりと蒸し焼き状態になったきゃべつは
本来の甘みが最大限に引き出され、しゃきしゃきの歯応えで絶品の味わいです^^

各テーブルに備わっている目の前の鉄板で
店員さんが巡回しつつ焼いてくれるのですが・・・
美味しそうなものを目の前に、じっと待たされるこの時間がつらい^^

☆鶴橋風月_7545a

生地の形を整え焼き始めてから、じっと待つ事約8 分
まだかな ? 忘れられてないかな ? 大丈夫かな ? と心配が絶頂を過ぎた頃に
店員さんがやって来て1 回目のひっくり返し

さらに10分、ひたすら待ち続け...
焦げちゃうよぉ~ !! 心の中での絶叫で精神的に乱れきった頃
ようやく2 回目のひっくり返し、で完成です

ハフハフ
美味しい~^^

☆鶴橋風月_2853a

《鶴橋風月・(東京)お台場店》
港区台場1-7-1 アクアシティお台場6階、 Tel: 3599-5185
営業時間: 11:00~23:00、 定休日: 年中無休
お店のHP: http://www.ideaosaka.co.jp/
東京には、渋谷、吉祥寺、新宿など 7店舗あります

(撮影:2007年8月25日)

東京を散歩する | コメント(0)

日本橋 お多幸 本店

2010年02月03日
“おでん” で思い出すお店、2軒目

鰹出汁にお醤油の真っ黒なつゆ
“やす幸”さん(2010年2月01日の記事)とは対照的に純関東風が特徴です

☆お多幸_4868a

「大根」、「いいだこ」、「たまご」
見事な飴色に煮上がった大根です
甘辛で、これもまた、いいお味です^^

☆お多幸_4863a

「しらたき」、「半ぺん」、「厚揚げ」
朱色のお皿に、江戸の粋を感じます

☆お多幸_4869a

こちらの〆の定番は看板メニューの「とうめし」
ご飯の上に、つゆをたっぷり含んだ豆腐をのせたものです
くせになる魅惑の美味しさです^^
この豆腐は“双葉”さん(2008年10月16日の記事)のお豆腐です

☆お多幸_4866a

カウンター越しに、どん・どんと大鍋が2つ並びます
手前は豆腐や大根など、水分が出る種
奥側は出ない種、玉子、こんにゃくなどが分けられて煮込まれます

創業は大正13年(1924年)と伝統あるお店です
新宿や銀座にある同名の店舗とは関係ありません

☆お多幸_4862a

《日本橋 お多幸 本店》
中央区日本橋2-2-3、 Tel: 3243-8282
営業時間: 11:30~14:00、17:00~23:00 (土曜日、祝日)16:00~22:30、 定休日:日曜日
お店のHP: http://www.tokyo-gourmet.net/restaurants/otako/index.html

東京メトロ 銀座線、東西線 日本橋駅B5 出口から徒歩1分
JR東京駅 八重洲北口からは徒歩5分

(撮影:2008年8月7日)

東京を散歩する | コメント(0)

やす幸

2010年02月01日
寒い冬、熱燗をちびりちびりやりながら
ハフハフ・・・ 食べたくなるメニュー、おでん

“おでん”と聞いて思い出すお店、3つを書きます
まずは、一番お気に入りのこちら

東京では珍しい透明なスープ
昆布の旨味に、しっかりとした塩梅の関西風お出汁が特徴です

☆やす幸_7182a

「ふくろ」、「大根」、「飯だこ」
七味をはらりと掛けると、またよく合います^^
お味付けが素晴らしく美味しいので、からしを使う気にはなりません

☆やす幸_7183a

「ねぎま」、「豆腐」、「つぶ貝」

☆やす幸_7185a

「きゃべつ巻き」、「ちくわ」、「すじ」
左上の白くて丸いものが「すじ」です
ネタは関東風で、魚の軟骨とスリミを練り合わせたものです

☆やす幸_7186a

〆の定番、裏メニューの「茶飯出汁掛け」
思わず笑顔になる絶品です^^

☆やす幸_1363a

《やす幸》
中央区銀座7-8-14、 Tel: 3571-0621
営業時間: 16:00~23:00、(土曜、日曜、祝日)16:00~22:30、 定休日:年中無休
お店のHP: http://www.ginzayasuko.com/

東京メトロ 銀座駅 A1 出口から徒歩4分、 新橋駅3 出口からも徒歩4分
すずらん通り沿いにあります

(撮影:2009年11月7日)

東京を散歩する | コメント(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。